事業内容を知る 「子ども第三の居場所」

「子ども第三の居場所」拠点見学会を開催します!
2022.10.11 UP

日本財団助成事業

B&G財団は、「子ども第三の居場所」の設置自治体を募集しています。それに伴い全国3ヵ所で拠点見学会を開催します。当日は、拠点見学とともに、自治体職員から導入の成果、拠点マネージャーからの事例発表、質疑応答を予定しております。

子ども第三の居場所」は、子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて生き抜く力を育むとともに、ここを拠点に、行政・NPO・住民・企業などと協力し、誰一人取り残されない地域子育てコミュニティをつくることを目指しております。

以下の日程で実施しますので、ぜひ、実際の拠点を見学の上、子どもたちが安心・安全に過ごし、将来の自立に向けた「生き抜く力」を育みながら、地域とつながる拠点づくりをご検討ください。

  • 埼玉県嵐山拠点

    埼玉県嵐山拠点

  • 長野県大町拠点

    長野県大町拠点

  • 岡山県奈義町拠点

    岡山県奈義町拠点

場所・日時

埼玉県嵐山拠点
2022年10月19日 13時30分~15時10分
長野県大町拠点

2022年10月21日 13時30分~15時10分
定員に達しました

岡山県奈義町拠点
2022年10月25日 13時30分~15時10分

対象

子ども第三の居場所の設置を検討している自治体および運営団体の職員等

参加を希望される方は。B&G財団 企画課 美濃越(TEL:03-6402-5311 mail:kikaku@bgf.or.jp)までお問合せください。
※各会場ともに駐車台数に限りがあります。お早目にお問合せください。

2023年度「子ども第三の居場所」実施自治体を募集!

子ども第三の居場所は、子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて生き抜く力を育む事業です。
現在日本財団と協力し、2025年までに全国500拠点開設を目指し事業を拡大しています。

 

関連ページ

2020年度

2019年度

2018年度