事業内容を知る B&G財団の活動

B&G財団の目標と行動

社会のニーズに沿った新たな8つのミッションを策定し、取り組んでいます

「青少年の健全育成推進計画」の4つのビジョンに基づき、その実現に向けた8つのミッションと、それぞれの行動計画を定め、B&G財団は動き出しています。


Mission 01 「自然」と「命」を実感する

青少年に対する自然体験・宿泊学習・安全教育等の提供

 「海」「異年齢」「集団生活」「職業・環境学習」をキーワードに、行動力や自主性、他人への思いやりを育む宿泊型の体験プロフラムや、環境教育事業を提供し、子供たちの「生きる力」を「健全な心身」を育みます。

東京湾海洋体験アカデミー

全国の小・中学生を対象に、4泊5日の日程で首都圏の「海」を舞台に活躍するプロフェッショナルの仕事現場の体験や、マリンスポーツ等、普段の生活では経験できないことを体験します。

詳細はこちら

報道実績はこちら

海を守る植樹教育活動

豊かな森の栄養素が豊かな海を育みます。横浜国立大学の宮脇昭名誉教授と連携し、どんぐりから苗を育て植樹を行う体験型環境学習「海の環境を守る植樹教育事業」を推進しています。

詳細はこちら


Mission 02 「可能性」と「機会」を全ての人に

「困難な状況にある子供たち」の体験格差の解消など

 障害者、養護施設の子供たち、ひとり親家庭、また子供からお年寄りまで、あらゆる人々が、その生まれや家庭環境等の制約を受けることのないよう、希望する誰もが参加することのできる「水辺の自然体験活動」などの機会を提供します。

障害者を対象としたヨット・カヌーなどの体験会

障害がある方にもカヌーやヨットを通じて、水辺での楽しさを体感してもらうための体験会を行っています。合わせて「水辺の安全教室」も実施しています。

特別支援学校での「水辺の安全教室」

体験格差解消の取り組みの一環として、特別支援学校での「水辺の安全教室」を行っています。

障害者と健常者のヨット大会

大分県別府市を会場に、障害者も健常者も参加できるインクルーシブなヨット大会を2016年度より実施しています。

詳細はこちら

B&G全国ジュニア水泳競技大会

B&G海洋センター・海洋クラブで活動している選手が、日頃の練習の成果の発表する場として「B&G全国ジュニア水泳競技大会」を開催しています。

詳細はこちら

B&Gチャレンジ

毎月変わるレクリエーション・ゲームにチャレンジし、全国の海洋センター・海洋クラブが対決するイベント。優勝を目指そう!

2016年度の結果はこちら

ひとり親家庭を対象とした海洋性レクリエーション体験会 "海はともだち"事業

「子供に自然体験活動をさせてあげたいけど、様々な事情でなかなかできない」という、ひとり親家庭の声にお応えして、マリンスポーツ等の体験会を開催しています。

詳細はこちら

報道実績はこちら


Mission 03 挑戦する気持ちを応援したい

オリンピックやパラリンピックを目指す「B&G海洋クラブ員」等への支援

 B&G海洋クラブなど、選手の練習拠点への支援などを行います。

地域で海洋性スポーツ普及に取り組む「B&G海洋クラブ」の登録・支援

地元の海や川・湖沼などの水面で、子供から大人までの幅広いメンバーが海洋性レクリエーションを楽しみ、水辺の安全教室や清掃活動などの地域活動を行う組織の登録・支援を行っています。

詳細はこちら

報道実績はこちら


Mission 04 海洋国「日本」を知る

海に親しみ、学ぶ機会の提供と環境の整備

 "海に親しみ、海を知り、海を守り、海を利用する"「海洋教育」を推進するため、海や水辺に親しむ際の安全教育(セルフレスキューの知識と技能)を普及します。

"海の日"と"水辺の安全"を学ぶ「水辺の安全教室」

・都内小学校へのB&G財団出前授業
・全国の小中学校での「水辺の安全教室」
・学校教員が指導法を学ぶ「水辺の安全教室」教員研修
・臨海学校における海洋性レクリエーション体験支援
・"おやじの会"による「水辺の安全」と「水辺体験」活動への支援

詳細はこちら




全国一斉1分間ペットボトル浮き 世界記録に挑戦

「1分間のペットボトル浮き」を全国で一斉に行うことにより、不意の落水時に身近なもので身を守れることを知りながら、安全に楽しく海に親しむ機会を提供するとともに、「海の日」への理解を深めることを目的としています。

詳細はこちら


Mission 05 これまでも、これからも、地域に寄り添う

事業推進拠点(B&G海洋センター・クラブ)の施設整備と連携強化

 地域における"スポーツやコミュニティの拠点"B&G海洋センター施設を末永く利活用いただくため、時代に即した機能保全やバリアフリー化などの修繕を支援します。
また、B&G海洋センター・海洋クラブの「海洋レクリエーション事業」の安全安心な実施のため、舟艇や、ライフジャケットなどの安全器材の配備を行います。
その他、各種の階層別会議を通じて、自治体執行部やB&G海洋センター・海洋クラブ担当者からのご意見・ご要望に耳を傾け、地域から強く求められる事業・支援を行っていきます。


Mission 06 「スポーツ施設」が「交流の場」に変わる

B&G海洋センターの有効活用と、地域コミュニティの活性化

 地域住民の健康づくりを目的として建設され、利用されてきた「B&G海洋センター」施設を、スポーツを目的とした利用だけでなく、「地域コミュティの拠点」として幅広く活用いただけるよう、地域性や利用方法に応じた施設改修等や、人の交流を促進するイベント開催を支援します。

海洋センターを活用した地域コミュニティの再生に関するモデル事業(積丹町、湯前町)

海洋センターを、スポーツ利用以外にも、地域の皆様が気軽に集える場所として利用いただくため、モデル自治体を設定し、地域のニーズ・実情に合わせたコミュニティ活性化へ向けた各種の取り組みを支援しています。

詳細はこちら




海洋センターへのコミュニティ機能付加改修支援

海洋センターを、新たなコミュニティの場として活用してもらうために行う、施設改修に対して支援を行っています。


Mission 07 地域を担う「人」づくり

「海洋性レクリエーション指導員」の養成と資質向上

 B&G海洋センター・海洋クラブにおける安全・安心な施設の運営や、自然体験活動・海洋性レクリエーションの指導、さらに地域コミュニティの活性化など、各種の事業を担う「B&G指導員」を養成します。 また、B&G財団のビジョンに賛同し、「水辺の安全教室」の指導を通じて「海洋教育」の推進と「地域の活性化」を応援する人材を育成していきます。

海洋性レクリエーション指導員「アドバンスト・インストラクター」「アクア・インストラクター」養成研修

海洋センターで、施設運営や海洋性レクリエーション等各種の自然体験活動の事業を担う、指導員の養成を行う合宿研修です。
※「環境保全活動・環境教育推進法」に基づく"人材認定事業"認定済(環境省・国土交通省)

詳細はこちら

報道実績はこちら




地域指導者会の活動促進

海洋センターの活動とその活性化を支援する「B&G地域指導者会」が、各地の海洋センターで結成され、各地で自然体験の普及と水辺の安全教室を行っています。平成22年には「B&G全国指導者会」も設立されました。

大学等と連携した人材育成

大学の実習の一部として、水辺の安全教室やカヌー実技の他、集団行動法などを学び、子供の体験活動時に安全・安心を担う人材育成を行っています。


Mission 08 活動への理解を深め、支援の輪を広げる

広報活動による各種情報の収集と発信

 B&G財団、B&G海洋センター・海洋クラブ、B&G指導員の活動を社会に周知し、認知度の向上と、より多くの理解者の獲得を目指します。

わが町の海洋センター・クラブ自慢作品コンテスト「PR大賞」

熱心な指導者や特徴のあるサークル、面白いイベントの紹介等を題材に、海洋センターをPRするポスターや映像を公募し、優秀作品の表彰を行っています。

詳細はこちら


その他、海洋センター・海洋クラブと連係して行う事業、交流の促進

クリーンフェスティバル

「B&Gクリーンフェスティバル」は、海洋性レクリエーションの普及および環境保全に対する意識付けを図ることを目的に1988年から実施しています。

詳細はこちら


過去の事業

これまで実施してきた事業一覧をご覧いただけます。

オーシャン's キャンプ

全国の小・中学生や保護者を対象に実施する「オーシャン's キャンプ」では、海を舞台に活躍するプロフェッショナルとのふれあいを通じ、海への理解を深め、海と人との繋がりを学ぶ事業です。

詳細はこちら

B&G体験クルーズ

小・中学生を対象に、海の大自然と触れ合う4泊5日の体験クルーズを実施しています。全国から集まった子どもたちが交流を深めながら、洋上での海洋観察をはじめ海・船に関する学習や寄港地での様々な自然体験活動を行います。

詳細はこちら

海洋体験セミナー

小・中学生を対象に、沖縄の自然とマリンスポーツを体験する4泊5日のセミナーを実施しています。カヌーによるマングローブ林の探索やビーチコーミングなどのほか、様々なマリンスポーツを体験します。

詳細はこちら

親子ふれあい体験セミナー

親子の絆と海や自然に関する理解を深めるため、各種の海洋性レクリエーションや環境学習、沖縄文化にふれる3泊4日の体験学習を実施しています。

詳細はこちら

親と子のふれあいキャンプ

キャンプなどの野外体験を通じ、親子の絆を深めることを目的とした自然体験プログラムを全国で展開するため、財団法人 小野田自然塾と協力し「親と子のふれあいキャンプ」を開催しています。

詳細はこちら

学校教育等と連携した水辺での体験プログラムの普及

"体験から学ぶ"をキーワードに、故郷の自然環境を学校教材とする体験型学習を授業に取り入れる「水に賢い子どもを育む年間型活動プログラム」を普及しています。

詳細はこちら

水に親しむ活動

多くの人が気軽に水辺の活動へ参加できるよう、「プールでOPヨット体験」や「アクセスディンギーフェスタ」などの体験会を実施しています。

全国大会

日頃の練習の成果の発表と参加者間の相互交流をはかるため、『B&G OP級ヨット大会東西大会』、『B&G杯全国少年少女カヌー大会』の全国大会を開催しています。また、親子で協力し3種目の競技にチャレンジする『全国ウォータースポーツ大会』も実施しています。

ドリームキャンプ

「OP級ヨット」・「カヌー」・「水泳」の全国大会で優秀な成績を修めた小学生を対象に、オリンピックメダリストなど一流の選手やコーチから直接指導を受けることができる『B&Gドリームキャンプ』を開催しています。

交流支援

友好の輪を広げ社会性を育むため、道府県やブロックで行われているスポーツ交流大会や日本・中国・韓国で行われているジュニア親善ヨット大会などの開催支援を行っています。

事業活動助成

各地で行われているスポーツ教室や体験会、スポーツイベントなどの事業・活動に助成しています。

B&G人材バンク

B&G財団が認定する海洋性レクリエーション指導員等の指導者を「B&G財団人材バンク」に登録し、各種プログラムの普及の担い手として各地で活躍いただいています。

幼児運動プログラム

B&G財団と慶應義塾大学医学部は、当財団の蓄積した20年間のデータや検証を基に、医学的な立場から、適切な運動等をプログラム化した「B&G 幼児運動プログラム」を共同で開発し、普及につとめております。

詳細はこちら

中高年向け健康運動プログラム

幅広い年代層の人々の生活習慣病予防を目指した「中高年運動プログラム」普及・啓発を行っています。

詳細はこちら

高年齢者運動プログラム

高齢者医療費の低減と介護予防を目指した転倒・寝たきりを防ぐプログラムです。当財団の運動ノウハウと身体教育医学研究所(運営委員長:武藤芳照現東京大学副学長)を中心とする研究グループが開発した「健脚度®」測定を活用しています。

詳細はこちら

教育長・責任者 海洋センター・海洋クラブ活性化会議

センター管理運営の最高責任者である教育長の出席を得て、財団事業への一層のご理解とご協力を得るとともに、教育現場の実態や特色ある取り組み、問題点などを共有し、海洋センターのさらなる活性化を目指す会議です。