水辺を学ぶ B&G 水辺の安全教室
プログラム

海や川などの水の事故(水難事故)から、子供たちを守るために

授業で学ぼう!水辺の事故防止

『「危険だから」と水辺から遠ざけるのではなく、子供たち自身が「自分の命は自分で守る」意識と技能を身につけてもらいたい』
『教育的効果の高い自然体験活動に興味を持ち、安全に楽しく水辺で遊び、活動してもらいたい』
そんな思いのもと、B&G 財団では、都内小学校をはじめ全国のB&G 海洋センター・海洋クラブと協力し、「水辺の安全教室」を平成22 年度より展開。これまでに全国で20 万人以上が体験しています。

プログラム紹介・参考動画


「水辺の安全教室」プログラムとは

背浮きやライフジャケット浮遊体験、身の回りにある浮く物を利用した落水時の対処法などの実体験を通して、水辺で安全に活動できる知識や技能、知恵を身に付けることができるプログラムです。
プログラムは、筑波大学体育系教授の椿本昇三氏、東京海洋大学大学院准教授の田村祐司氏が監修。水辺の安全に関する理論と技能について、小学生でも分かり易く学ぶことができる内容となっています。

椿本教授監修文 520KB

田村准教授監修文 518KB

「水辺の安全教室」の特徴

 当財団の「水辺の安全教室」の特徴は、学習指導要領解説に則し、ベーシックプログラム、レベルアップ2プログラム、レベルアップ3プログラムを用意し、対象学年の体力と理解度に合わせた内容となっていることです。また、映像資料も準備しているため、 事前に浮き方や水中の姿勢などの実技内容について、視覚的に確認することができます。

 実技では、ライフジャケット体験も含めていますので、水辺におけるライフジャケットの有効性を実体験できます。また、雨天時や休憩時に活用できる紙芝居を使った学習資料も用意しています。

 このような特徴を評価いただき、教育委員会主催の学校教員研修にも採用されています。

「水辺の安全教室」の重要性

警察庁のまとめによると、平成26年に全国で発生した水難事故は1,305件で、死者・行方不明者は740人にのぼります。その内、水辺の活動に関する水遊びや水泳中、魚とり、釣りをしている際に起こる事故が336人、全体の45パーセントを占めています。
水辺で安全に活動するためには、「水辺の安全教室」で正しい知識と技能を学ぶことが必要不可欠です。

  H29 H28 H27
発生件数(件) 1,341 1,505 1,450
水難者(人) 1,614 1,742 1,635
死者・不明者(人)
[中学生以下(人)]
679[ 26 ] 816[ 31 ] 791[ 53 ]

※「平成29年 水難の概況」(警察庁統計資料)より

「水辺の安全教室」プログラム活用方法

このプログラムは、全国のB&G海洋センター・海洋クラブのみならず多くの指導現場で活用できる内容となっています。水辺での活動に関わる学校関係者・保護者・団体の皆様に活用していただき、一人でも多くの子供を水の事故から守る活動に役立ててください。

<プログラム活用案>

  • 小中学校の「体育」や「総合学習」など、授業として「ベーシックプログラム」を実施
  • 水泳授業の冒頭10分間で「背浮き」体験を実施
  • 荒天時に水泳授業の一環として「選択メニュー 水辺の安全紙芝居」を実施
  • 市内水泳教室など社会体育事業として「ベーシックプログラム」を実施
  • PTA等が主催する夏休みの課外授業として「ベーシックプログラム」を実施
  • 「放課後子供教室」や「土曜学習」の一環で「ライフジャケット浮遊体験」を実施
  • 民間スイミングスクールで「ベーシックプログラム」を実施

学習指導要領解説に則した「水辺の安全教室」の領域とねらい

命を守り、安全で豊かな生活を送る

「水辺の安全教室」座談会 開催

プログラム作成に協力いただいた「座談会」(テーマ:一人にも多くの子供たちに「水辺の安全教室」を体験させたい!)を行いました。

「水辺の安全教室」座談会開催 5.6MB

「水辺の安全教室」プログラムプレビュー・参考動画はこちら


プログラムをご利用いただいた皆様へ

「水辺の安全教室」プログラムを実際にご利用いただいた皆様へ、実施内容や参加人数等をお答えいただく簡単なアンケートへのご協力をお願いしております。
今後、本プログラムを改良する際の参考情報や利用実績集計として使用させていただきますので、ぜひご協力いただけますようよろしくお願い申しあげます。

「水辺の安全教室」実施アンケート 42KB

プログラムに関するご相談・お問い合わせ先

公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
事業部 事業課
TEL:03-6402-5313/FAX:03-6402-5315
E-mail:jigyo@bgf.or.jp