事業内容を知る 「子ども第三の居場所」

食への感謝を!そば打ち体験会を開催(島根県雲南市)

日本財団助成事業

 

2021年1月7日(木)、「子ども第三の居場所 雲南」拠点では、体験イベント「そば打ち体験をしよう」を開催し、拠点を利用する子どもたち4名が参加しました。

 

今回のイベントは、食への感謝の気持ち・創造力を育むことや、自分で作ったものを食べたり家族に振舞ったりすることの喜び・達成感を子どもたちに味わってもらうことをねらいとしています。

 

2名の講師をお招きし、そば粉の状態から、こねる → のばす → 切るといったそば打ちの一連の過程を自分自身の手で行い、完成したそばはお土産として持ち帰りました。

自分が作ったそばを家族といっしょに食べることが、このプログラムのゴールとなっています。

 

こねる
  •  

 

のばす
  •  

 

切る
  •  
  •  

 

講師の先生に教わりながら、完成に向けて心を込めて丁寧に作りました。

 

子どもたちの感想

  • 自分が作ったそばを、家族いっしょに食べておいしかった。
  • そばの作り方を教えてもらってよかった。

 

保護者の声

  • 最近親子の会話が減ってきている中で、そばの作り方を詳しく説明してくれました。
  • 家族全員で楽しく食べました。

 

当初、イベントには10名の申し込みがありましたが、当日の悪天候により少人数での実施となりました。参加した児童の保護者からは、「大雪のため欠席させようと思ったが、子どもがどうしても参加したいというので何とか連れてきました。」という声もありました。

 

今回のイベントについて拠点スタッフは、「悪天候のため開催が危ぶまれたが、子どもの“楽しみにしてきた思い”を実現できただけでも今回のイベントを企画した意義を感じる。家庭に帰って、子どもたち自身の活躍をアピールできる場を提供できた。」と振り返ります。

 

今後も、日頃の活動やイベントを通して、子どもたちの生活習慣の定着、健康づくり、自立する力・生きる力を育むことを目指します。

 

 

関連ページ

2020年度

2019年度

2018年度