2023.01.19 UP 海洋センター修繕助成 富山県砺波市でリニューアル式典を開催

日本財団助成事業

令和5年1月15日 富山県砺波市B&G海洋センターで、体育館施設のリニューアル式典が開かれ、併せて市内小中学生を対象としたリニューアル記念「第39回砺波市B&G海洋センター 剣道大会」も行われました。
 式典には、砺波市 夏野修市長、生涯学習・スポーツ課 三井康司課長、砺波市B&G海洋センター 八田俊伸所長、砺波市議会 川岸勇議員(海洋クラブ会長)、B&G財団常務理事古山透ほか関係者約10人と、剣道大会に出場する選手66人が出席する賑やかな式典となりました。

テープカットの様子

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2021年度は24道府県43市町の44施設に対し、総額7億620万円の修繕助成金交付を決定しました。

今回の修繕では、屋根防水改修、アリーナ照明LED化などの工事を実施。総改修費約4,251万円のうち2,110万円をB&G財団が助成しました。
 夏野市長は「砺波市B&G海洋センターは、昭和59年の竣工以来、地域のスポーツ、健康づくりの拠点として幅広い年齢層の方々に利用されてきました。砺波市は、市民一人1スポーツを提唱しています。今回の改修により、充実した環境で市民の健康増進、生きがいづくりに活用されることを期待しています。」とお話しくださいました。
 常務理事古山は「優れた運営を行う砺波市B&G海洋センターに修繕の支援をしました。リニューアル記念の剣道大会が開かれます。私も学生時代は剣道をしていました。剣道は礼節を重んじ、人間形成に必ず役立つものと思います。」とご挨拶申しあげました。

  • 砺波市 夏野市長 /

    砺波市 夏野市長

  • B&G財団 古山常務理事

    B&G財団 古山常務理事

式典終了後「剣道大会」が開かれ、市内の小中学生剣士66人が新しいLED照明で明るくなった体育館で竹刀を交えました。リニューアルされた海洋センターは、地域の皆さんに快適・安全にご利用いただけるようになりました。

  • 剣道大会開会の模様 /

  • 熱の入った対戦

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。