2022.04.26 UP 海洋センター修繕助成 岡山県矢掛町で助成決定書授与式を開催

日本財団助成事業

4月19日(火)、岡山県矢掛町役場で2022年度「地域海洋センター修繕助成」の決定書授与式が行われました。

矢掛町B&G海洋センター(プール)のリニューアル工事の実施にあたり、改修費用の一部をB&G財団が助成するもので、授与式ではB&G財団常務理事の古山 透から矢掛町の山野道彦 町長に3,000万円を上限とする助成決定通知書が手渡されました。

助成決定書授与式

助成決定書授与式

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2022年度は24道府県41市町の42施設に対し、総額8億3,790万円の修繕助成金交付を決定。助成金額が概ね1,000万円を超える34自治体について決定書授与式を行います。

今回の修繕は、経年劣化により性能低下が進行しているプール暖房設備を更新するとともに、上屋鉄骨および缶体の全面塗装改修などを実施し、快適性と安全性を高めます。

山野町長は「今回、多額の助成を受けてプールの大規模改修に着手する。改修後にはリニューアル式典を手広く行わせていただきたい。昨年度は防災拠点事業で3,900万円の助成を決定いただき大変感謝している。また、B&G財団が海洋スポーツだけでなく、幅を広げていろいろな事業を展開いただいていることをありがたく思う。職員には特A評価を継続しなくてはならないと伝えており、今後も様々な事業に取り組んでいきたい」と挨拶されました。

写真左から藤原教育課長、古山常務、山野町長、山部教育長

写真左から藤原教育課長、古山常務、山野町長、山部教育長

海洋センターの快適性と安全性を高めるとともに、地域住民の健康・コミュニティづくりの拠点として、さらなる利用者の拡大を図ります。

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。