2022.05.12 UP 海洋センター修繕助成 沖縄県名護市でリニューアル式典を開催

日本財団助成事業

5月10日(火)、沖縄県名護市B&G海洋センターで温水プール施設のリニューアル式典が開かれ、名護市 渡具知武豊市長、金城秀郎副市長、岸本敏孝教育長、B&G財団理事長菅原悟志、施設利用者ほか約30人が出席し、完成を祝いました。

リニューアル式典

リニューアル式典

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2021年度は24道府県43市町の44施設に対し、総額7億620万円の修繕助成金交付を決定しました。

今回の修繕では、プール底板タイルの全面改修や配管交換、照明の全館LED化など快適性、環境安全性を高める改修を実施。総改修費約3,300万円のうち1,760万円をB&G財団が助成しました。

  • プール底板タイルの全面改修や配管交換

    プール底板タイルの全面改修や配管交換

  • 照明の全館LED化

    照明の全館LED化

渡具知市長は「名護市B&G海洋センターは、平成12年のオープン以来22年に亘り、子どもから高齢者まで名護市民の健康増進や競技レベル向上に資する施設として愛されてきました。しかし近年、経年劣化によりプール底床の剥離や配管腐食により施設利用や管理運営に支障が生じてきました。今回の修繕で、プール底床の全面改修や配管交換はもちろんのこと、消防設備・機械設備・内装設備の修繕、全ての照明設備LED化が行われ、利用者の安全性と快適性を高めるだけではなく管理運営しやすい施設になりました。名護市はこの海洋センターを活用して、これからも青少年の健全育成と市民の健康づくりを推進し、市民福祉の向上に努めてまいります。」旨お話しくださいました。

式典後は、海洋センター担当者の案内で改修箇所の説明を受けて、プール施設を確認しました。

リニューアル工事により、地域の皆さんに快適・安全に海洋センターをご利用いただけるようになりました。

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。