2022.08.26 UP 海洋センター修繕助成 岡山県津山市で助成決定書授与式を開催

日本財団助成事業

8月22日 岡山県津山市役所で2022年度「地域海洋センター修繕助成」の決定書授与式が行われました。
 津山市加茂B&G海洋センター体育館施設のリニューアル工事実施にあたり、改修費用の一部をB&G財団が助成するもので、津山市 谷口圭三市長、桒村功士副市長、有本明彦教育長、藤井浩次地域振興部長など関係者約10名が臨席される中、B&G財団常務理事 古山透から谷口市長に3,000万円を上限とする助成決定通知書が手渡されました。

助成決定書授与式

助成決定書授与式

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2022年度は24道府県41市町の42施設に対し、総額8億3,790万円の修繕助成金交付を決定。助成金額が概ね1,000万円を超える34自治体について決定書授与式を行います。

今回の修繕は、体育館屋根改修、アリーナ等照明のLED化、トイレ洋式化、シャワールーム改修など見積総額6,744万円の機能向上、省エネ化、バリアフリー化工事を行い、地域住民の健康・コミュニティづくりの拠点として、さらなる利用者の拡大を図ります。
 谷口市長は「津山市加茂B&G海洋センターは、1982年の建設以来、地域のスポーツ活動、健康づくりの拠点として、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方にご活用いただいています。助成金を活用して、利用者の皆様が安心・安全・快適に利用できる施設に改修します。津山市は、昭和40年代に「スポーツ振興都市宣言」をしました。スポーツ振興に重要な施設の維持管理・運営をしっかりと行い、地域の住民の健康づくりに取り組んでいきたい。」旨お話しくださいました。

記念撮影

リニューアル工事で快適性と安全性を高めた海洋センターは、健康・コミュニティづくりの拠点として、より多くの方々にご利用いただくことが期待されます

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。