2022.06.30 UP 海洋センター修繕助成 岩手県九戸村でリニューアル式典を開催

日本財団助成事業

6月21日(火)九戸村B&G海洋センター(岩手県)で、リニューアル式典が開催され、九戸村晴山裕康村長、岩渕信義教育長、B&G財団理事長菅原悟志をはじめ、地域団体の関係者20人が出席し、安全祈願祭を執り行い完成を祝いました。

安全祈願祭

安全祈願祭

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2021年度は24道府県43市町の44施設に対し、総額7億620万円の修繕助成金交付を決定しました。

今回の修繕では、缶体・上屋鉄骨の全面塗装、ろ過機の更新、上屋シート(対候性テント屋根)張替など、安全性と快適性を高める改修を実施。総改修費約4,200万円のうち2,890万円ををB&G財団が助成しました。

  • テープカット

    テープカット

  • リニューアルされたプール

    リニューアルされたプール

晴山村長は「海洋センターは平成4年に開館してから今年で30年目を迎える。開館日は平成4年6月21日で、ちょうど30年前の今日である。開館以来、一般利用のみならず、保育施設や学校授業等にも広く利用されており、子どもから大人まで多くの村民の健康増進施設として活用している。今回の改修でこれまで以上に安心安全な施設として環境が整った。今後も村民の健康づくり、スポーツ活動の拠点として皆さんに親しまれるよう施設運営に努めていく」と話されました。

リニューアル工事により、地域の皆さんに快適・安全に海洋センターをご利用いただけるようになりました。

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。