2022.07.15 UP 海洋センター修繕助成 山梨県山梨市で助成決定書授与式を開催

日本財団助成事業

7月1日 山梨県山梨市役所で2022年度「地域海洋センター修繕助成」の決定書授与式が行われました。
 山梨市牧丘B&G海洋センター体育館施設のリニューアル工事実施にあたり、改修費用の一部をB&G財団が助成するもので、山梨市 高木晴雄市長、守屋裕史副市長、嶋﨑修教育長など関係者約10名が臨席される中、B&G財団常務理事 古山透から高木市長に900万円を上限とする助成決定通知書が手渡されました。

助成決定書授与式

助成決定書授与式

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2022年度は24道府県41市町の42施設に対し、総額8億3,790万円の修繕助成金交付を決定。助成金額が概ね1,000万円を超える34自治体について決定書授与式を行います。

今回の修繕は、高齢者等の利用促進を図るため、更衣室・トイレ・シャワールームの段差解消工事など見積総額1,250万円のバリアフリー化工事を行い、地域住民の健康・コミュニティづくりの拠点として、さらなる利用者の拡大を図ります。

高木市長は「山梨市牧丘海洋センターは、令和2年のプール改修に続き、この度体育館改修の助成決定をいただき感謝します。5月に三重県熊野市で開催された中部ブロック連絡協議会総会に出席した際、B&G財団から説明のあった青少年の育成方針は当市と合致しています。現在、10年連続特A評価を獲得していますが、良好な運営を続けて15年連続特A評価を目指して、子どもの育成や地域コミュニティの形成に努めていきます。」旨お話しくださいました。

リニューアル工事で快適性と安全性を高めた海洋センターは、健康・コミュニティづくりの拠点として、より多くの方々にご利用いただくことが期待されます。

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。