2022.12.12 UP 海洋センター修繕助成 秋田県男鹿市でリニューアル式典を開催

日本財団助成事業

12月1日、男鹿市B&G海洋センター(秋田県)で「体育館リニューアルオープン式典」が行われ、市長、教育長、市議会議長をはじめ、関係者約30人が出席しました。

集合写真

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2022年度は24道府県41市町の42施設に対し、総額8億3,790万円の修繕助成金交付を決定しました。

今回の修繕では、空調設備の全面改修、アリーナ照明のLED化、トイレ洋式化などを行い、快適性と環境安全性を高める工事を実施。改修費約3300万円のうち2580万円をB&G財団が助成しました。

男鹿市の菅原広二 市長は「この体育館は非常に利用者が多く、さまざまな地区の人たちが活用して賑わっている。当市では『秋田県一の健康づくり』を目標に掲げ、運動習慣を身に着けるよう住民に呼びかけ、一人一人の健康づくりを応援している。今回の改修を機に、さらに市民の健康づくり、スポーツを通じた仲間づくりを推進していく」と挨拶されました。
 B&G財団常務理事の古山透は「男鹿市B&G海洋センターは運営状況も良く、防災拠点事業をはじめ財団の各種事業に積極的に取り組んでいただいていることから、今回の支援を決定した。これからも幅広い年代の皆様に活用いただき、市民から愛される施設として末永く活用いただきたい」と祝辞を述べました。

  • 男鹿市 菅原市長 /

    男鹿市 菅原市長

  • B&G財団 古山常務理事

    B&G財団 古山常務理事

  • LED化で照度が高く、明るくなりました/

    LED化で照度が高く、明るくなりました

  • 更新された空調設備

    更新された空調設備

リニューアルされた海洋センターは、市民の皆さんが安全・快適にご利用いただけるようになりました。

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。