2022.05.10 UP 海洋センター修繕助成 山梨県中央市でリニューアル式典を開催

日本財団助成事業

5月1日(日)、山梨県中央市玉穂B&G海洋センターでプール施設のリニューアル式典が開かれ、中央市望月智市長、石田秀博教育長、B&G財団常務理事古山透、施設利用者ほか約10人が出席し、完成を祝いました。

リニューアル式典

リニューアル式典

B&G財団は、各地のB&G海洋センターを対象に施設修繕や機能向上に必要な経費の助成を行っており、2021年度は24道府県43市町の44施設に対し、総額7億620万円の修繕助成金交付を決定しました。

今回の修繕では、プール管理棟・缶体・上屋鉄骨・プールサイドの改修、観覧ブースの増設、上屋シートの取替、給排水設備の取替、照明のLED化を行い、快適性、環境安全性を高める改修を実施。総改修費約1億3,950万円のうち2,490万円をB&G財団が助成しました。

中央市望月市長は「昭和62年竣工の海洋センターは、34年の長きにわたり地域住民に利用されてきました。しかし、老朽化も激しく、B&G財団の支援をいただきリニューアル工事を行い、本日のオープン式を迎えることができました。今後この施設は、地域のコミュニティの拠点として、スポーツの推進の場として地域の皆さんにこれまで以上にご利用いただけると期待している。」旨お話しくださいました。

  • 泳ぎ初め

    泳ぎ初め

  • 記念撮影

    記念撮影

式典後は、中央市スポーツ協会水泳部・玉穂中学校水泳部・フィッツスポーツクラブの6名による泳ぎ初めが行われました。

リニューアル工事により、地域の皆さんに快適・安全に海洋センターをご利用いただけるようになりました。

2022年度

2021年度

これまで開催された「リニューアル式典」

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。