休眠預金活用事業 障がい児等を対象とした
「海遊びプロジェクト」

休眠預金活用事業 2021.09.24UP 障がい児等を対象とした「海遊びプロジェクト」
認定NPO法人 オーシャンファミリー(神奈川県葉山町)

休眠預金を活用した事業のシンボルマーク

休眠預金活用事業の実行団体である、認定NPO法人オーシャンファミリーでは、昨年から障がい児等を対象とした「海遊びプロジェクト」を開始。

このプロジェクトは、協力団体の一つである、神奈川県逗子市を拠点に児童発達支援と放課後等デイサービス施設を運営している「スタジオみらい」と連携して、マリンスポーツ体験会を年3回実施しています。

「海遊びを通して自然の豊かさや優しさ、荒々しさを体験し、豊かな心と体を育んでいってほしい」との施設スタッフの思いに共感し、オーシャンファミリーが活動を全面的に支援しています。

 

8月11日(水)、今年2回目となる体験会を葉山町の一色海岸で実施。子ども19人をはじめ施設スタッフ、指導ボランティアなど、約50人が参加しました。

子どもたちはライフジャケットを着用し、準備されたカヌー、SUP、ニッパーボード(子ども用レスキューボード)に向かい思い思いに駆け出しました。

初めて参加する子どもたちは少し緊張気味でしたが、ボードに立てるようになると「やったー、気持ちいい」と大きな笑顔。思いもよらず海に落ちてしまう場面もありましたが、終始笑顔でチャレンジしていました。

  • まずは準備体操

    まずは準備体操

  • ボードに立てるかな!?

    ボードに立てるかな!?

車いすの子どもは、水陸両用の車いすに乗り換えて海に入りました。打ち寄せる波に歓声を上げながら海を楽しんでいました。

  • 海を楽しく散策

    海を楽しく散策

  • 笑顔で海から上がってきました

    笑顔で海から上がってきました

施設のスタッフは「この体験を通して、海の楽しさや怖さ、出来たときの喜びを経験させることが、子どもたちの成長にとって貴重な体験になります。普段できない海遊びをサポートいただき感謝しています」と話していました。

オーシャンファミリーでは「海で子どもを元気に、元気になった子どもが海を元気に」をビジョンに掲げ、障がい児やひとり親家庭など、さまざまな理由で海での活動を制限されている子どもたちに、自然体験の機会を提供しています。

今後も体験格差解消に向けて、実行団体と手を携えて事業を推進していきます。

B&G財団は休眠預金活用法に基づく「資金分配団体」の認定を受け、障がいの有無や家庭の事情等から生じる、子どもたちの体験格差の解消を図ることを目的に全国20団体の応募の中から「実行団体(10団体)」を選定。

2020年度から2022年度までの3年間、B&G財団がそれぞれの団体を支援し、各実行団体が障がい児や児童養護施設、ひとり親家庭等の子どもたちを対象に海洋性レクリエーションをはじめとした自然体験活動の機会を提供し、当該地域でのインクルーシブ社会の実現に向けた取り組みを進めています。

 

関連ページ

2021年度
2020年度

B&G財団メールマガジン

B&G財団の最新情報をメールマガジンにてお送りいたします。ご希望の方は、登録ボタンよりご登録ください。