財団の活動 天城町B&G艇庫 2019 SUMMER

「天城町B&G艇庫 2019 SUMMER」~鹿児島県の離島、徳之島より~

日本財団助成事業

鹿児島県奄美群島の徳之島に位置する天城町では、2017年度から2018年度の2ヵ年にかけて、「海洋センター(艇庫)を活用した地域の連携と活性化に関するモデル事業」を実施しました。

モデル事業の実施期間を終えた2019年度も、引き続き地域住民の“憩いの場”、そして海洋性レクリエーション活動拠点になっています。

主に夏の様子を中心に、天城町艇庫の“今”をお届けします。

7月のとある日。多くの地域住民の方が各々休日を過ごしています

 

利用者人数も更に増加中!

2017年度に艇庫を改修し、2018年4月にリニューアルオープンした天城町艇庫。艇庫改修前の2017年度と比べて、2018年度の年間利用者人数が約8倍にUPしました。今年は、更に利用者人数が増え、なんと、2018年度の年間利用者人数(8,531名)を、8月時点で超え、より多くの方々にご来館いただきました。

※8月時点で、前年度比+3,750名UPです

 

天城町艇庫では、SUPやカヌー、カーニバルボートだけでなく、バナナボートやウェイクボードも体験できます。

特に夏休み期間中は、地元の地域住民にとどまらず、帰省客や観光客も多く訪れており、予約でいっぱいになる日も少なくありませんでした。

子供から大人まで、思い思いに海を満喫していました。

特にバナナボートが人気!カーニバルボートならちびっこでも乗れます

 

艇庫内に新しく、カフェ“Ranniko”がオープンしました!

2019年度より、新たにカフェ“Ranniko”が艇庫内に誕生しました。艇庫改築時に設けた売店スペースを活用して、地元のママさんがカフェを営業しています。

メニューは、ホットドッグや米粉ワッフルボウル、アイスクリーム、ドリンクなどを販売しています。

艇庫の利用客だけでなく、与名間ビーチの海水浴客まで、多くの方々がカフェメニューを注文。テイクアウトをして、砂浜で美味しそうに食べる姿が印象的でした。

カフェメニューは徳之島産の材料を使用し、地産地消を目指しています。店内には、ハンドメイド商品や徳之島産物品のお土産も置いています。

子育て中のママ目線だからこそできる気配りが満載のお店です。

  • 水色と白をベースにしたおしゃれな店内

  • 店内ではハンドメイド作品も販売

  • 人気のホットドッグ

  • 海を見ながらのスウィーツは絶品です

 

海だけじゃない!艇庫内も遊び場に・・・

  • 天城町の艇庫は海洋性レクリエーション体験拠点だけではありません。艇庫内は、ピラティス教室やマルシェ、海に入らない子供たちの居場所にもなります。

  • 今年から1F多目的ルームにキッズスペースを移動!より使いやすくなりました

 

  • 10月以降は、マリンスポーツ体験を要予約制として営業します。カフェは10月以降もオープン予定です。その他にも、「ちびっこBGフェスタ」や「海塾」も実施していく予定です。

    天城町B&G海洋センターが、小さな子供から高齢者の方まで、幅広い世代の方々に親しまれ、愛される施設になってくれればいいなと思います。

  • とてもきれいな与名間ビーチの海!島内の多くの学校授業でもカヌー体験を行いました