未来に海を残すために 全国一斉清掃活動
「海ごみゼロフェスティバル」実施中

未来に海を残すために
全国一斉清掃活動
「海ごみゼロフェスティバル」実施中

CHANGE FOR THE BLUE 海の未来を変える挑戦

2050年までに海に捨てられるプラスチックごみの総重量が海に生息する魚の総重量を超える!?

私たちの身近にある様々なプラスチック製品。そのごみは既に1億5,000万トンと言われ、そこに毎年少なくとも800万トン(ジャンボジェット機5万機相当)が新たに流入し、約30年後には魚の総重量を超えるという想定が出ています。

この増加し続ける海洋ごみ対策に向け、日本財団と環境省により国民の一人ひとりが海ごみの問題を自分事化し、“これ以上海にごみを出さない”という社会全体の意識を高めることを目的に、海と日本プロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE(チェンジ・フォー・ザ・ブルー)」において海ゴミ対策プロジェクトが推進されており、B&G財団でもこの取り組みに賛同し、全国のB&G海洋センター・海洋クラブと共に海洋ゴミ削減に向けた取り組みとして全国一斉清掃活動「海ごみ0(ゼロ)フェスティバル」を実施することといたしました。特に5月30日(ごみゼロの日)と6月8日(世界海洋デー)前後の5月25日から6月9日までを海ごみゼロウィークとして清掃活動を強化して実施いたします。

海に流れ着くごみの8割は街中のごみと言われ、投げ捨てなどにより街に捨てられたごみは雨とともに排水溝へと流れ、やがて川をつたい海へと流れつくため、「海ごみ0(ゼロ)フェスティバル」では、海やその周辺の清掃活動だけに限らず、街中の清掃活動も実施いたします。

今回参加していただいた方々との集合写真

今回参加していただいた方々との集合写真(2019.05 弘前市)

先にあげた海洋プラスチックごみの8割がアジアからの流入であるとされています。

ぜひ今各地の海で起きている現状を自分事として捉え、全国各地で実施する「海ごみ0(ゼロ)フェスティバル」での清掃活動にご参加ください。

 

全国の実施場所一覧

 

「海ごみ0(ゼロ)フェスティバル」参加者ランキング