【B&G職員リレートーク】夢見るアフターコロナ


皆さん初めまして、岡山県奈義町より自治体派遣研修で参りました岡 勇太(おか ゆうた)と申します。よろしくお願い致します。

 

2月も半ばに差し掛かり、今年度も残り一カ月と少しになりました。

皆さん年度末バタバタしていませんか?この時期は忙しくなりがちですが、体調管理もしっかり忘れないようにしましょう!

 

 

さて、4月から東京にきて10ヵ月以上が経ち、未だに都会の雰囲気に慣れない自分と闘いながら、30歳にして色々と初めての経験をさせていただいています。

 

そんな中、常に頭から離れないのが「新型コロナウイルス」です。世界に様々な影響を与えていますが、B&G財団でも多くの事業が縮小・中止になってしまいました。しかし、多くの海洋センター、クラブの皆さんがコロナ対策を講じ活動されているのを拝見し、負けずに頑張るぞという気持ちになっています。

 

そこで、今回は「アフターコロナ」に向けて、私のやりたいことを「2つ」発表したいと思います。

 

 

 

「旅行」

 

一昨年訪れた、石川県山中温泉

一昨年訪れた、石川県山中温泉

 

やはり「旅行」がランクインしましたね。

海外もいいですが(お金もないし)、生まれ育った日本の、47都道府県を制覇したいです。

予算と相談ですが、今年は「北海道に行きたいなぁ」と思っています。今年度の数少ない養成研修同期生を訪ね歩きながら、北海道の幸に舌鼓。

最高ですね。

 

 

 

 

「テニス」

 

岡の数少ないベストショット

岡の数少ないベストショット

 

続いては「テニス」です。といっても、私がやっているのは「ソフトテニス」のほうです。

何をするにも三日坊主な私が学生時代から唯一続けているスポーツです。技術的なものだけでなく色々な事を学んだ場でありました。青春を賭けた一瞬もあり、それが一生の記憶として残っています。

 

皆さんは、「アフターコロナ」どのように過ごしたいですか?

想っているその瞬間が、夢にならないように、今できる対策をしっかりしていこうと思います。

 

 


企画部 企画課 岡 勇太

3 コメント

  1. 浜田市三隅B&G海洋センター 阿瀬川 より:

    お世話になっております。一昨年前、ふらり一人旅で、北海道の函館、札幌、滝川へ知人や同期などに会いがてら旅行しました。ジンギスカンから始まり海鮮丼、カレー、ラーメンなど全て食べ物ですが最高でした!

    先日、競泳で東京オリンピックを目標に県外で頑張っている島根県の選手が、来年度からコロナでスポンサーが全てなくなり相談にわざわざ車で8時間かけて来ました。人の繋がりと縁は不思議な物で、ある大手の会社がスポンサー契約に至りました。連絡を受け、やっぱり待っていては物事は何も始まらない、チャンスは自分で勝ちとることだと改めて感じました。後は、自分次第!

    岡さん、また、中国ブロックを一緒に盛り上げましょう!お待ちしております!

    • 岡 勇太 より:

      阿瀬川様

      コメントいただきありがとうございます。
      養成研修では大変お世話になりました。

      北海道の一人旅うらやましいです!
      お話を伺いし、より行きたい気持ちが増してきました。
      今は、はやる気持ちは抑えて、万全の状態を整えておきます。

      人との繋がりなど、自分が得たものを活かすのは自分次第ですね。
      貴重なお話ありがとうございます。

      中国ブロックの一員として今後ともよろしくお願いいたします!

  2. 西日本アドバイザー 金久 博 より:

    岡さん、こんにちは。自治体派遣の皆様は、2020年度コロナ禍でB&G財団での研修で全国化k地や関係機関での外部体験研修がなかなか出来ず、本当に淋しいですね。しかしながら財団の皆様の創意工夫の研修や学習は、着実に岡さんの知力や経験値を高めるものとなっていると思います。1年間の派遣研修もあと1か月余りですが
    最後まで粘り強くやりぬくことが大事ではないでしょうか。頑張りましょう。
    ソフトテニスを続けられていることは人生の中でとても大きな財産だと思います。ぜひ、これからも機会を見つけてされてください。できれば、東京でソフトテニスをやって思い出作りなどどうでしょうか。外出が難しい中ですが、ラケットを屋外で握って、スイングなどどうでしょうか。気分転換に。
    東京の生活では確かに、東京都内や千葉、神奈川などの観光地で見聞を広めることや食文化を楽しむことも経験したいものですね。少し残念ですが今は難しいかも知れませんが。全国各道府県の旅は憧れですね。いつか少しずつ長い人生ですから。きっとできるのでは。ところで、岡山の食文化はどうでしょうか。岡山にも美味しい名物・食べ物も沢山あるのでは。奈義町ではどうですか。 北海道は海鮮が美味しいですね。 肉料理、魚料理、海の幸、山の幸、今は鍋、焼き物、野菜料理、日本食、中華、洋食、いろいろとあります。何がお好きなのかというより、何でも食することがいいかも知れませんね。 
    私もずっと以前に、岡山県奈義町に行きました。運動公園的にグラウンド、テニスコートもあったかも。海洋センター、グランドゴルフコースなど総合的に施設がありました。スポーツや健康づくりの大変すばらしい環境だったと記憶しています。岡山県は中国ブロックでも有数の海洋センター活動の活発な地域だと考えております。地元奈義町に帰られてもB&G指導員としてまた、地域の人づくり、健康づくり、地域づくりの担い手指導員として活躍されることを願っています。 晴れの国おかやまのように、いつも爽やかに笑顔いっぱいの岡さんが奈義町で躍動していることを、全国の皆様にも発信してください。
    また、いつかお会いできました際には、いろいろとお話をお聞かせください。

西日本アドバイザー 金久 博 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事