【B&G職員リレートーク】人生のターニングポイント


こんにちは、企画課の大久保です。
すっかり気候も秋らしくなり、まちかどに香る金木犀や、夜に聞こえる虫の音に癒されている今日この頃です。

 

さて、みなさんにとって「人生のターニングポイント」は何ですか?

 
人生における重大な転換期は、進学、就職、結婚、子供の誕生、引っ越し等 人によって様々かと思います。
私もこれまで24年間の人生を送ってきましたが(まだまだ短い!)、先日「これは転換期なのでは」と思える出来事がありました。

 

 

 

突然やってきた

 

それは、祖父の死です。
ある日の朝、祖母から「祖父がいつもの時間に起きてこないので様子を見に行ったら、息をしていない」と電話がありました。突然のことで最初聞いたとき意味が分からず、自分の心臓の鼓動をやけに強く感じたのを覚えています。
というのも、前日に祖父母の家に遊びに行っており、一緒にご飯を食べ、会話をし、お寺に行って墓参りをするという、いつも通りの日常を過ごしていたからです。
帰りに「また来るからね」と約束をし、いつでも、当たり前に会えると思っていた矢先の出来事でした。

 

思い返すと、祖父はいつも私のことを気にかけ、そして一番応援してくれる存在でした。
私の就職を自分のことのように喜び、最近では「新型コロナウイルスにかかっていないか?」と会うたびに心配してくれていました。
また、祖父は家族の写真を沢山撮ってくれたので、家にはアルバムが山のようにあります。それらを見返すと、記憶にあまり残っていない幼い頃の様子を知ることができたり、当時のエピソードを聞いたりと懐かしい気持ちになれます。
いくつもの動物園や水族館、そして海にもよく連れて行ってもらっていたようで、今の私の原点はこれだったのだろうかとしみじみ感じます。

 

優しいまなざしで抱っこしてくれる祖父

優しいまなざしで抱っこしてくれる祖父

 

祖父が撮った海辺での1枚

祖父が撮った海辺での1枚

 

これから

 

祖父の死を通じて、当たり前だと思っていた存在やものが、実はそうではないということを痛感しました。
あの日突然逝った祖父。90歳の大往生でした。

 
「すべてのものには終わりがある」

 
だからこそ、今できることを精一杯やって、後悔することの無いよう、周りの人に感謝の気持ちをもっと伝えていきたいと身が引き締まった”私のターニングポイント”でした。
今後は祖父にしてあげられなかった分まで、祖母にたくさん恩返しをしていこうと思います!

 

海に向かう祖母の後ろ姿

海に向かう祖母の後ろ姿

 


企画部 企画課 大久保 香穂

4 コメント

  1. 西日本アドバイザー 金久 博 より:

    実に優しい、ぬくもりのあるご家族に育てられているのですね。まことに残念でしたが、おじいさまの突然の死。90歳。写真を拝見しますと大久保さんがお誕生されてから24年間、ずっとそばに居て、優しい笑顔で包んでくれていたのだと感じます。そのおじいさまの笑顔や語り掛けてくれたことは、大久保さんの成長にとって大きな大きな道しるべなのかも知れません。おばあさまもご健在とのことなので、これからますます大久保さんの元気なお姿を折に触れ見せて、仲良く元気に会話を楽しまれてください。大久保さんの笑顔は、おばあさまにとって何よりも代えがたく、長寿の糧となると思います。
    社会人になり、周りの方が去っていくことは、必然的なことかも知れません。きっと。そんな中でも、その人たちとの関わりや、ともに過ごした時間や場面は、薄らいでも消えることはないものです。これからも愛情いっぱいのご家族を大事にされていただきたいと思います。
    企画部企画のお仕事は、どうでしょうか。2020年度は現在までコロナウイルス感染症拡大によって、様々な企画も順調良くとはいかない状況だとは思いますが、常に、積極的姿勢で多くの情報を得ながら、これだと思うものは企画して、全国のB&G海洋センター、指導者の皆様と共に、青少年の健全育成の実践を進めてください。
    さて、私のターニングポイントは?ですが、当然過去には就職し社会人になったこともありましたが、人事異動で多様な部署に異動となり、そこで出会った方々に多くのことを学んだこと、剣道を始めて、剣道を通じて教えをいただくことになったことがありますが、その中でも、B&G財団の役職員の皆様ともご面会お話をさせていただく機会を得たことなどで、私はその都度その都度出会った人からエネルギーをいただいて、頑張れる自分がいると気づいたことかなと思います。
    大久保さんには、これからも元気で生活にお仕事に邁進してください。期待しています。
    また、お会いできます事を楽しみにしています。 

    • 企画課 大久保 より:

      金久さん
      いつもお世話になっております。温かいメッセージありがとうございます。
      企画課での仕事は、コロナウイルスの影響も多々受けている状況下ですが、新たな試みを検討しています!
      金久さんのターニングポイントも教えていただきありがとうございます!
      出会った人々からのエネルギーというのは本当に大きな原動力になりますね。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 浜田市三隅B&G海洋センター 阿瀬川文輝 より:

    お世話になっております。自分が40歳の節目になる年に、B&Gアドバンストインストラクター養成研修に参加しました。そこで自分の転機となるレジェンド教官に出会いました。憧れました!今も目標としています❗️そして、2回目のターニングポイントは、沖縄養成研修時に大久保研修生の水中メガネが鼻まで下がりながら一生懸命バタフライを泳いで姿です。今でも忘れられません!何事もやれば出来る引き続き宜しくお願い致します。

    • 企画課 大久保 より:

      阿瀬川さん
      いつもお世話になっております。ターニングポイントを教えていただきありがとうございます。
      養成研修に40歳で参加されたというのには驚きました!
      去年の研修では、沢山指導していただきありがとうございました!あのアクシデントは自分でもびっくりでした笑
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事