【B&G職員リレートーク】三十路を迎え…


こんにちは!B&G財団事業部事業課の桐ケ谷です!

 

時が経つのは早いもので、今年もあと1カ月程で終わりを迎えようとしています。皆様も年末に向けて慌ただしくなってきている頃ではないでしょうか。そして、私も気付けば今年で30歳。振り返るとこれまでの人生は本当にあっという間でした。

 

しかしながら、同時にさまざまなことも経験できた30年間だったと感じています。今回は、自分のこれまでの人生を振り返って感じること、そして今後の目標などについて少し触れたいと思います。

 

入職時の私。あれから早2年半が経ちました

 

「あっという間の20代」

 

人間は歳を追うごとに時間の経過が早く感じるようになると聞きます。私も30歳を迎え、改めてふりかえってみると20代は本当に一瞬のように過ぎ去っていったように思います。こうした感覚になるのは、少なからず充実した20代を送ってこれたからなのかなと思っています。

 

成人、就職、転職、引っ越しなどなど、20代になってからさまざまな経験をさせてもらいました。また、プライベートでも初めて海外旅行に行くなど、活動の幅も広がり、こうしたさまざまな経験や多くの人との関わりが、感覚的な部分での時間の経過を早めたのだろうと思います。

 

しかしながら、周りの人々に聞くと、「30代は20代よりももっと早く時間が過ぎていく」とよく聞きます。このあっという間に過ぎていく30代をより充実したものにしていくためにはどうしていくべきか、このブログを書くにあたり、私なりに考えてみました。

 

20代で初めて行った海外旅行は、かけがえのない思い出です!!

 

「心の余裕を持つこと」

 

まず、より充実した人生を送るためには、心の余裕が大事だと思います。人は、心に余裕がないとどうしてもストレスや疲労を溜め込んでしまい、公私両面での生活の質の低下や健康面などに影響が出てくることも考えられるからです。

 

しかし、心に余裕を持つということは簡単にできるようになるものではありません。このような心の余裕は、様々な経験を経て得られるものなのではないかと私は思います。失敗と反省を繰り返し、自分なりの答えを見つけ、次に活かす。人は人生の中でこうしたことを繰り返し経験していくことで成長していくものだと思います。また、このような成長は仕事だけに関わらず、人間関係や、スポーツの場など、公私両面での経験を通じて得られるものなのではないでしょうか。

 

これからの人生も楽しく前向きに!!

 

「充実した人生を送るために…」

 

現在の私が心に余裕を持てているかというと持てていません。正直、いっぱいいっぱいになってしまうこともしばしばあります。(基本失敗ばかりだからかもしれませんが…笑)

 

これは経験がまだまだ不足しているということもあると思いますが、これまでの行動を振り返ってみると、目先のことばかり考えてしまい、物事を長い目で見ることができていなかったように思います。それが結果として、心にゆとりのなさにつながってしまっているのだと思います。

 

30代はこういった点の考え方を少し変え、心のゆとりにつなげていければと思います。「今現在の経験は、長い人生の中でいつか必ず活きてくる」という気持ちを常に抱きながら、失敗と反省を繰り返し、そして改善をしていくことで、自分自身の成長(心のゆとり)につなげていきたいと思います。そして、今後の長い人生を充実したものとするために、30代を目いっぱい過ごしていきたいと思います!!


事業部 事業課 桐ヶ谷 尚洋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事