2022.07.27 UP 漂着ごみ専用ごみ箱「B&G拾い箱」 海開きに合わせ、海岸の漂着ゴミを回収「B&G拾い箱」のお披露目(長崎県南島原市)

CHANGE FOR THE BLUE 海の未来を変える挑戦

7月16日 長崎県南島原市の「前浜海水浴場」の海開きに合わせて、全国で4ヵ所目の設置となる「B&G拾い箱」のお披露目会が開催されました。
 式典は、南島原市 松本政博市長、松本弘明教育長をはじめとする関係者、拾い箱をペイントしたアーティストLow(尾崎雄太郎)氏、地域住民など100名以上が参列する中で行われました。

  • 南島原市 松本政博市長

    南島原市 松本政博市長

  • B&G財団理事長 菅原悟志

    B&G財団理事長 菅原悟志

挨拶、事業説明などに続いて、B&G財団理事長 菅原悟志、松本市長、Low氏、地域の児童代表などにより除幕式が行われ、SDGsを意識したカラーでLow氏独特の雲柄“遊雲(ゆううん)”が描かれた「拾い箱」が披露されました。

  • 除幕式

    除幕式

  • 遊雲(ゆううん)”が描かれた「拾い箱」

    遊雲(ゆううん)”が描かれた「拾い箱」

  • アーティストLow(尾崎雄太郎)氏

    アーティストLow(尾崎雄太郎)氏

さらに、海岸に設置された2つの「拾い箱」のうち1つには、Low氏の描いた“遊雲”に地域の子どもたちが絵を描き入れるペイントイベントが行われました。子どもたちが夢中になって描いた海への思いが加わることで「作品」が完成するそうです。
 「拾い箱」を目にした方は、誰もが海洋ごみについて考え、海を大切に思ってくれることでしょう。
 海を訪れた“誰もが、いつでも” 漂着ゴミを回収できる「拾い箱」を活用いただき、みんなの力で美しいビーチを守りたいですね。

集合写真

B&G財団は2021年度から一時的な海岸清掃にとどまらず、地域住民をはじめ海を訪れた誰もがいつでも漂着ごみを回収できるよう、漂着ごみ専用ごみ箱「B&G拾い箱」の設置を開始しました。それぞれの地域での海洋ごみ削減を推進するため、設置自治体に対し製作費等の支援を行っています。

これまでの活動