【B&G職員リレートーク】令和元年の夏休みの思い出は?


令和元年の夏休み海や山や川で遊び尽くしていますか?

 

自然の中での活動で素晴らしいのは、五感を研ぎ澄ますことだと思います。

家の中でのスマホゲームよりも外に出て実体験をすることで、視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚を研ぎすませることができると思います。

子どもたちが集中出来る時間は限られています。通常子どもの集中力は、年齢プラス1分、もしくは、年齢✕1~1.5分程度と言われています。

幼稚園保育園児なら、10分。小学校低学年では、20分。小学生高学年では40分程度と聞いたことがあります。

だらだら時間を過ごすよりも集中して遊ぶ方がきっと良いだろうと思い、まずは山でのフォレストアドベンチャーに参加してみました。今回参加したコースでは、日本で唯一と言われる「森から飛び出し、畑を越え里山を見下ろす」ジップスライドがあり、片道130mの間をスライドして景色を楽しみます。木と木の間にあるアクティビティーも「地上からかなり高い!」「距離が長い!」とスリル満点で、何と、最高地点は高さ15mで、ハーネスを付けていても最初の一歩には足がすくみます。

 

フォレストアドベンチャー ジップスライド

 

最初の一歩を踏み出すには、個人の勇気も大切ですが、親子の絆も大事で、何事にもチャレンジする気持ちとお互いの装備品や安全を確認しながら活動するため親子の絆が必要となります。そして、怖いという恐怖心に打ち勝った時の達成感は計り知れません。

 

 

一通り体験するのに2時間ほどかかりましたが、親子で夢中で楽しんでいたので、時間が経つのを忘れてしまいました。

 

風景の画像

 

 

最近人気の海水浴場にあるウォーターパークは、約40m四方のビーチアスレチックで、 シーソー、トランポリン、滑り台、クライミング、トンネルなど約30種類のエア遊具で、小学生から大人まで楽しむことが出来る施設です。1時間を一区切りとして利用できるので、これも夢中になっていると時間が経つのを忘れてしまいます。

エア遊具の上を移動するので、バランスが難しく、次の日には筋肉痛になりましたが、大人も子供も一緒になって思いっきり楽しむのにはとても良い場所です。体型に合ったライフジャケットを着用して、親子でお互いの様子を確認しながら安全に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

ウォーターパークのイメージ

 

 

令和元年の夏休みも残りわずかです。B&G海洋センター・海洋クラブでは年間を通して様々な活動をしています。イベント情報教室情報をぜひチェックしてみてください。

 

 


企画部 広報課 宮嵜 秀一

1 コメント

  1. 四国 徳島県阿南市  金久 博   より:

    2019年夏も大いに海レク体験活動を展開しています。B&G地域指導者会会員として猛暑の中、艇庫活動や砂ASOBeechなどにできる限り参加しています。海風を受けて子どもたちの元気な笑顔が印象的で楽しんでいる姿を見ています。私は避暑的休息はなく、夏休みを満喫することはできていません。もっぱら休日は家仕事で炎天下作業の手伝いです。夏休みに家族でゆっくりと活動しながら絆を深め鋭気を養うことは大事ですね。素晴らしいことだと感じます。今週末、岡山県浅口市寄島へ活動支援に行く予定です。いつか、夏の森林浴や海でのんびりしたいと思いますが、当分ないかもしれません。 また、お会いできます事を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事