新しいヨットと共に!「光スポーツ交流村海洋クラブ」がB&Gに仲間入り!!


瀬戸内の温暖な気候に恵まれ、豊かな自然環境を有する山口県光市。今年2月、ここ光市に新たなB&G海洋クラブが誕生しました。その名も「光スポーツ交流村海洋クラブ」。

 

2017年4月15日(土)、光スポーツ交流村海洋クラブの誕生を記念して「舟艇器材配備式」を開催しました。

 

舟艇配備式終了後の集合写真

舟艇配備式終了後の集合写真

 

光スポーツ村海洋クラブは山口県が運営する「山口県スポーツ交流村」内にあります。

 

新規の海洋クラブにはB&G財団より上限200万円の舟艇器材を配備しており、光スポーツ交流村海洋クラブにはOPヨット4艇とライフジャケット15着が配備されました。

 

当日の配備式には、光市長はじめ山口県議会議員や多くの来賓の方にもご出席頂き、配備式及び初出艇イベントを開催。たくさんの方に祝福を受けながら「光スポーツ交流村海洋クラブ」の素晴らしい門出となりました。

 

配備式では、小学5年生の男子クラブ員よりこども代表お礼の言葉を頂いたのですが、堂々とハキハキした様子であいさつしており、手紙の内容含め素晴らしい発表に大変感激しました。これも、日ごろからシーマンシップに則った海洋教育と子供たちの指導に尽力されているクラブ関係者の方々の賜物ではないかと感じました。

 

大勢の方が見守る中での堂々とした発表でした

大勢の方が見守る中での堂々とした発表でした

 

配備式後は初出艇イベントを行い、海洋クラブ員の子供たちが気持ちよさげにヨットを漕艇していました。先導のヨットに続きそれぞれのヨットがブイを回っていきます。暖かな日差しと穏やかな気候の中でヨットが無事に着岸すると、来賓者や新たにヨットを学ぶ子供たち、そして保護者からも大きな拍手が送られていました。

 

新品のOPヨット。子供たちも嬉しそうに喜んでいました

新品のOPヨット。子供たちも嬉しそうに喜んでいました

 

今現在、施設のヨットハーバーは地元の高校ヨット部の練習場所にもなっており、日ごろから活発な活動が行われております。今後は地元の子供たちへ、ヨットを中心とした海洋性レクリエーションをより多く提供していく予定です。

 

海洋クラブの子供たちは、1年間通して毎月2回の活動に参加していく中で、ヨットや海、水辺の安全についてを学んでいきます。

 

恵まれた自然環境と豊富な設備・器材、そして素晴らしい指導者の指導のもと、子供たちの健やかな自然体験機会となってくれたらなと感じます。


事業部 海洋センター・クラブ課 藤田 有里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事