岩手県奥州市 「第9回奥州万年の森植樹祭」


奥州万年の森植樹祭実行員会
及川 浩行

 

平成19年、それまで約40年間放置されてきた養蚕団地跡を市が買い入れ、「万年の森公園」として整備することになり、翌20年から「宮脇方式」による植樹を「奥州万年の森植樹祭実行委員会」が毎年実施するようになりました。

 

その後、平成25年にはB&G財団と共催で「第6回植樹祭」を開催。B&G財団とともに落葉樹24種約3,500本を植えました。その木は、4年目の今年も順調に生育しています。

 

今年は9月11日(日)に第9回目の植樹祭を開催しており、180名の参加者を得て、800㎡に2,500本が植樹されました。樹種は、落葉広葉樹の14種(コナラ・ミズナラ・クヌギ・トチノキ・カツラ・ハウチワカエデ・ヤマモミジ・ケヤキ・ヤマザクラ・クリ・ヤマボウシ・コブシ・ホウノキ・エゴノキ)です。

 

参加したスポーツ少年団の子供たち

参加したスポーツ少年団の子供たち

また、当会は9年前からどんぐりの育苗を始め、3年後に育った苗木を植樹してきました。平成25年にB&G財団と共催した植樹では育苗も行いましたが、そのとき以来、地元の前沢小学校4年生全員が授業の一環として苗づくりに取り組んでいます。毎年、コナラ、ミズナラ、クヌギ、トチノキなどのどんぐり3,000個程を蒔いて育てています。

 

今年の植樹祭では、6年生の代表参加者が開会行事で壇上に上がり、参加者の皆さんに自分たちが3年間育てた苗木を植樹する喜びを発表しました(今回植樹した苗木は、コナラ、ミズナラ、クヌギ、トチノキの4種、800本)。来年以降も、毎年続けて育てた苗木を植えていこうと思います。

 

前沢小6年生の佐藤陽斗君(左2番目)「苗が、ちゃんと育ってよかった。立派な大きな木になってほしい」 奥州市前沢B&G海洋センター及川浩行所長(右)

前沢小6年生の佐藤陽斗君(左2番目)「苗が、ちゃんと育ってよかった。立派な大きな木になってほしい」
奥州市前沢B&G海洋センター及川浩行所長(右)

 

参加者全員で記念撮影

参加者全員で記念撮影

 

B&G担当者の感想
奥州市では、奥州市前沢B&G海洋センターの及川所長が中心になり植樹祭を実施しています。毎年行うにはいろいろな苦労があるかと思いますが、9回も継続してこられたことに頭が下がります。これからも、子供たちが育てた苗をいっしょに植え行ってほしいと思います。

 

—————————————————————————–

B&G財団では、児童養護施設・ひとり親家庭の子供たちの体験活動へのご支援をお願いしています。
寄付の方法について 詳しくはこちら をご覧ください。
当財団に対するご寄付は一定の税制優遇の対象となります。

 

(Visited 28 times, 1 visits today)

B&G財団
B&G財団は、全国の地域海洋センター・海洋クラブ、また他団体とも連携して、自然に親しみながら子どもたちの“こころ”と“からだ”の育成をはじめ、地域の皆さんの健康づくりに取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事