2022年度 スマホで卓球 1分間ラリー

2022年度 スマホで卓球 1分間ラリー

スマホで卓球 1分間ラリー 2021

昨年多くのご参加をいただいた「スマホで卓球 1分間ラリー」の再戦です。 老若男女一切区別なしのガチ勝負の上位狙い、運勝負のラッキー順位、奇跡の一瞬に賭ける動画賞の3つの楽しみ方で、誰もが活躍・参加できる事業です。
 卓球歴ウン十年のベテランから始めたばかりのルーキーまで2人1組で、好きな時間、好きな場所で、1分間続けたラリーの回数を指定のフォームからご応募ください。併せて、「#BGスマホ卓球」でTwitter、Facebookまちレポに、1分間ラリーの実施動画を投稿いただければ幸いです。

 参加特典

①参加全チームに記録証(データ)を交付。
②副賞:上位3チームにB&Gオリジナルタオルを贈呈。
③ラッキー賞:「ラッキーナンバー」を選び、ラッキーナンバー順位のチームにB&Gオリジナルタオルを贈呈。
④動画賞:スゴ技、オモシロ、奇跡の一瞬など、優れた動画を投稿したチームにB&Gオリジナルタオルを贈呈。

皆さんのエントリーお待ちしています。

実施内容

概要 ・2人で「1分間に続けた卓球ラリーの回数」を競います。
・卓球ラリーの回数と必要事項、参加者の写真(2人のツーショット)を応募フォームから申請してください。(必須)
・TwitterまたはFacebookまちレポで動画を投稿できる場合は、実施状況を撮影した動画に「#BGスマホ卓球」を付けて投稿してください。(動画のSNS投稿ができればぜひお願いします。必須ではありません)
・期間内、何回でも何チームでも記録申請を受付けます。
募集期間 2022年12月1日(木)~2023年2月28日(火)
開催場所 卓球台があればどこでもOK
(日本卓球協会の公認は不要。B&G海洋センター以外の施設も歓迎)
競技内容 ・男女不問年齢不問の2人1組で、「1分間に続けた卓球ラリーの回数」を競います。
・ラリーの回数は、最初のサービスで1回、レシーブで返球し相手コートに入って2回、更にレシーブし相手コートに入って3回とカウントします。
・1分経過、または返球に失敗した(相手コートに入らなかった)時点で競技終了し、返球に失敗した分はカウントに含めません。
・メンバーを組み替えて別チームとした記録申請も受付けます。
(例:太郎さんと次郎さんでAチーム、太郎さんと花子さんでBチーム)
注)返球は相手コートに入ったときにカウントします。
結果発表 2023年1月10日(火)以降に、随時B&G財団公式HPなどで発表します。
個人情報 ご応募いただいた動画とチーム名は公式サイト、SNSなどで公開する場合があります。個人情報(氏名、年齢、住所、電話番号)は、本記録会に関する事務連絡以外に使用することはありません。
著作権 応募作品の著作権はB&G財団に帰属します。

競技の実施と応募方法

競技の実施

写真撮影のみの場合…①のみで参加可能
競技の動画投稿を行う場合…①+②で参加可能

①写真撮影のみの場合(この項目は必須) 1.卓球ラリーを実施する

準備完了を確認後、スタート合図(笛など)をして、1分間の卓球ラリー回数をカウントしてください。

2.チームの写真撮影をする

参加者2人のツーショット写真を撮影してください。

②競技の動画投稿を行う場合(右記1~3を動画で撮影)

※任意。撮影動画はTwitter、FBから投稿頂けます

1.チームメンバーを紹介する

メンバーの簡単な自己紹介を最長10秒程度行ってください。

2.卓球ラリーを実施する

①同様、1分間の卓球ラリー回数をカウントしてください。

3.競技終了後、ラリー回数を発表する

ラリー回数を声に出して発表してください。
例:「Aチームのラリー結果は合計〇回でした!」

撮影時間の留意点

Twitterに掲載できる動画は最長で2分20秒です。上記1~3までがこの時間内に収まるように撮影(もしくは編集)してください。
Facebookは長時間動画が投稿可能なため、そこまで厳密に計る必要はありません。

応募方法

①のみで参加可能ですが、SNSアカウントをお持ちの方は、ぜひ ②、③での参加もお願いします!

①記録申告と写真の提出(必須) 応募フォームから、チーム名、記録、申請者情報などの必要事項およびチーム写真(実施内容の「概要」の項目参照)を送信してください。
応募フォームは、B&G財団公式HPの新着情報欄TOPページにもリンクを掲載しています。
②Twitterで動画投稿 BG財団Twitterをフォロー。
・「#BGスマホ卓球」 をつけて撮影した動画(競技の実施と応募方法の「②競技の動画投稿を行う場合」の項目参照)とチーム名、記録を投稿してください。
※本記録会に関する事務連絡のため、ダイレクトメールをお送りする場合があります。
③Facebook「まちレポ」での動画投稿 ・まちレポ編集者登録をしている方は、「まちレポ」に動画(競技の実施と応募方法の「②競技の動画投稿を行う場合」の項目参照)とチーム名、記録を投稿してください。

動画一覧(昨年の記録です)

これまで開催したスマホチャレンジ

2022年度 投稿イベント