あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

子供と一緒に体験!初のペットボトルいかだリレー&着衣泳体験~宍粟市千種B&G海洋センター


ペットボトルいかだリレー、色々な形のいかだがあり、すぐ壊れてしまったものや頑丈で乗りやすいものも

ペットボトルいかだリレー、色々な形のいかだがあり、すぐ壊れてしまったものや頑丈で乗りやすいものも

 

10月1日午前11時から兵庫県の宍粟市千種B&G海洋センターで、利用者増加と着衣泳体験で水難事故に備えるため、「ペットボトルいかだリレー&着衣泳体験」を初めて開催しました。同センターの屋内温水プールで行われ、宍粟市内の幼児園児(3歳以上)から小学6年生までと保護者ら36人が参加しました。

 

ペットボトルいかだを参加者が作成してリレー、着衣泳体験で水難事故に備えました。一方、竹でそうめん流しではなく、うどん流しをしました。

 

ペットボトルいかだの作成、チームで真剣に意見を出し合った

ペットボトルいかだの作成、チームで真剣に意見を出し合った

着衣泳体験は浮き方、救助法などをして水難事故に備えた

着衣泳体験は浮き方、救助法などをして水難事故に備えた

 

いかだに乗れずに苦戦した 

 

参加者した小学5年(男児)は「いかだが思ったより乗れなくて苦戦しました、今度はもっと良いいかだを作りたいです」、小学6年(男児)は「うどん流しは楽しくおいしかったです、いかだづくり、リレーも楽しかった」と話していました。保護者で40代の女性は「子供と一緒に着衣泳体験をして、水難事故の備えができて、大変うれしく思いました。こういったイベントをまたしてほしい」と述べていました。

 

レポーターは全体を通じて、チームでペットボトルいかだを真剣に作成しているのが印象に残ったこと、うどん流しも盛況で、着衣泳体験は水辺の安全教室もでき、いかだリレーも楽しそうで良かったと評価しています。

 

また、来年もイベントを水の入れ替え前の同時期に実施を予定していて、約2カ月ごとのペースで行事も開催していきたいと述べています。

 

スロープの手すりを使い、竹でうどん流しをした。楽しくおいしくできた

スロープの手すりを使い、竹でうどん流しをした。楽しくおいしくできた

 

B&Gレポーター 宍粟市千種B&G海洋センター・春名  研


あなたへのオススメ記事

ライフジャケットで「浮くこと」を実感 秋田県大仙市で「園児のための水辺の安全教室」
みんな気持ち良くカヌー・サップを体験しています
「泳いでいるだけでも楽しい」 子どもたちも久々の水遊びで笑顔に
海で地元の名産である「竹」を使ったSUPづくり体験
マリンスポーツから地元の名産品に触れる 「竹SUPづくり体験教室」を開催
滋賀県高島市で小学5・6年生対象の水泳記録会 感染防止に努めながら練習の成果を発揮する場を
みんなで仮装してトリック・オア・トリート! ハロウィンについて学びました
「えいご教室」は楽しくて時間の経過がはやい
プールの中で「たかーい、たかーい!」
人生で初めてのプールをお母さんと一緒に 親子の絆も深められるベビースイミングを開催