あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

第10回浜島スポーツクラブ  スイミング記録大会、日本水泳連盟泳力検定会


正午に全レース終了。泳力検定には全受験者25人のうち半数以上が合格。「おめでとうございます」

正午に全レース終了。泳力検定には全受験者25人のうち半数以上が合格。「おめでとうございます」

かわいい幼稚園児、小学1・2年のビート板キック。例年は会場の雰囲気に押されて泣き出す子も。今年は誰ひとり泣かずに最後まで泳ぎ切った

かわいい幼稚園児、小学1・2年のビート板キック。例年は会場の雰囲気に押されて泣き出す子も。今年は誰ひとり泣かずに最後まで泳ぎ切った

 

11月19日午前9時から志摩市浜島B&G海洋センターの温水プールで、NPO法人浜島スポーツクラブの主催によるスイミング記録大会および日本水泳連盟泳力検定会が開かれました。

 

スイミング教室受講生の日頃の練習の成果を発揮する場、そして全国的に通用する公式泳力級の取得を目標に開催しているもので、2008年3月から今回で10回目となります。スイミング教室受講生130人のうち幼稚園年少から高校生まで62人が参加しました。

 

日頃の練習をあまり見ることはできない受講生の保護者が、わが子の泳ぎを見たり声援を送り、一方で生徒自身は緊張していつも通りできないなど、普段の練習にはない一面を見ることができました。

 

1レース目は個人メドレー200m、出場選手は小学3年女子ひとり。さすがの泳ぎで泳ぎ切る

1レース目は個人メドレー200m、出場選手は小学3年女子ひとり。さすがの泳ぎで泳ぎ切る

個人メドレー100。安定感のあるきれいな泳ぎで、後輩たちのお手本

個人メドレー100。安定感のあるきれいな泳ぎで、後輩たちのお手本

 

これまで25m泳げるかビート板キックで25m泳げる受講生だけでしたが、今年はビート板キックに限りヘルパー使用を可能にしました。

 

生徒たちから「来年こそは記録更新して表彰されたい」「普段の泳ぎができなくて悔しかった」「楽しかった」「来年はもっといろんな種目に出られるように練習頑張ります」と感想がありました。来年度も開催する予定で、レポーターは日常の練習では垣間見れない楽しさがあった半面、反省点も多々ありましたと率直に述べています。

 

参加者62人

参加者62人

小学1・2年の自由形。飛び込みが怖い子はいたが、なんとか頑張った

小学1・2年の自由形。飛び込みが怖い子はいたが、なんとか頑張った

 

B&Gレポーター 志摩市浜島B&G海洋センター・芳森泉


あなたへのオススメ記事

競技風景。アスリートたちがいい泳ぎを見せてくれました!
スペシャルオリンピックス日本・島根競泳競技会 アスリート、地域ボランティアで作り上げたインクルーシブな大会!
干潟上つなひき決勝戦(足がなかなか動かず苦戦)
泥だらけの『干潟体験』でふるさとの良さを知ろう 自然体験事業「ネイチャー」
ビート板バタ足選手権
水との親しみ方学ぶ 水泳記録会とプールでのレクリエーション 北栄ウォーターフェスティバル
小さい子どもと一緒に親子でサップ体験
親子で参加「楽しかった」 カヌー・サップを初体験 とみかマリンスポーツ体験会
おおきなSUPでは、みんなで力を合わせて!
競技人口急増中、人気のSUPを地元の河川で 夷隅川探検★SUPクルーズ2019
決勝戦!まさに「水上の格闘技」、激闘が繰り広げられました。
水上の格闘技! カヌーポロのメッカで国内最大級の大会開催!
第30回あわらカップカヌーポロ大会~2019 Club Team Challenge~