あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

子供たちと絵本作家が協力したシャッターアート~剣淵町B&G海洋センター艇庫


子供たちが絵を描いて「この町に自信を持ち、もっと好きになるのでは」

 

10月21日に完成予定だったが、雪のため作業が遅れ、30日に出来上がった

10月21日に完成予定だったが、雪のため作業が遅れ、30日に出来上がった

 

慎重に、慎重にハケを動かし草を描く

慎重に、慎重にハケを動かし草を描く

 

10月21日午後1時から、「絵本の里」として知られる北海道剣淵町の剣淵町B&G海洋センター艇庫で、地元の子供たちとイラストを描く「シャッターアート」を行いました。

 

B&G財団として本年度初めて実施したもの。剣淵町の早坂純夫町長、同町の半田幸清教育長が出席、子供たち11人と保護者14人が参加しました。艇庫は剣淵町東町の桜岡湖にあります。

 

剣淵町で活動している絵本作家の堀川真さんに協力をいただき、絵本「もりのやきゅうちーむふぁいたーずつよさのひみつ」の表紙の絵を艇庫中央シャッターに描きました。当日は、堀川さんと子供たちが一緒に草の絵を描きました。

 

B&G財団、剣淵町教育委員会の主催で、B&G海洋センター艇庫のイメージを一新させ、親しみやすい場所として、艇庫利用者の増加を図るのを目的に実施されました。

10月6日には今回参加した子供たちで、艇庫前清掃を実施して当日を迎えました。堀川さんと協力して絵を描いた後は、スケッチブックにシャッターアートの感想を書き、シャッターの前で自分たちが考えたポーズで写真を撮りました。

 

草を描いた後、スケッチブックに感想を書き発表

草を描いた後、スケッチブックに感想を書き発表

 

開会式で半田剣淵町教育長があいさつ

開会式で半田剣淵町教育長があいさつ

 

足が痛く手はべたべた でも楽しかった

 

 

参加した子供たちは「足が痛くなった。思ったより難しかったけれど、作家さんの気持ちにもなれたのでいい機会になった」(小学女子)、「手がべたべたになったけれど、話ながらやったから楽しかった」(小学男子)、「少し足が痛かったけれど楽しかった」(小学男子)。

 

保護者は「子供がとても楽しんでいてうれしかった。艇庫は普段少し暗いイメージなので、明るくなったかなと思います」(女性)、「艇庫に絵を描ける機会をいただき、本当に子供たちに良かったと思います。この町で育っていく子供たちが、この町に自信をもって、もっと好きになるのではないかと思いました。今日は楽しかった」(同)と話していました。

 

もりのふぁいたーずと記念撮影。「僕らも走るぞ~」

もりのふぁいたーずと記念撮影。「僕らも走るぞ~」

 

今回初のシャッターアートは、今後の全国展開へ向けたものです。

画一的なイメージのあるB&G施設を、子供たちの手で、柔らかで親しみやすい雰囲気へ一新させることができるものです。北海道で人気の絵本作家が描くことで、新たな写真スポットとしてより広く拡散されることが期待できます。

 

レポーターからは「絵本の里ということで、絵本作家の堀川さんと共に実施することができました。子供たちがとても楽しそうに描いていたのが印象的でした。

このイラストをきっかけに、今まで艇庫に来なかった方が艇庫に足を運ぶきっかけになるよう周知を図っていきたい」と強調しました。艇庫前で堀川さんの読み聞かせ会などを実施する予定としています。


あなたへのオススメ記事

水辺の安全教室、落伍者もなく、安全に教室を終えました。「はい!チーズ!」で記念撮影
改修で快適プール 待ちに待ったオープン 新器材で多世代に魅力アップ 2019年 おおやB&G海洋センタープール開き
プールの底で、パック(的)のゴールインを競い合う水中ホッケー
日本代表の佐藤選手が直接指導!!プールの底の熱戦、水中ホッケーにもっと親しんで
世界最高峰といわれる「モロカイチャレンジ」
自力で海峡を渡る過酷なレースです
錦江湾海洋クラブが誇る飽くなきチャレンジャー白畑瞬さん 世界屈指のパドルレース「モロカイチャレンジ」で日本人歴代2位を獲得
海ごみをなくすぞ!
海ごみへの理解を深めよう!海ごみゼロフェスティバルへの参加と今年初の海活動
集合写真
全国一斉清掃活動「海ごみゼロフェスティバル」活動レポート 水面ごみはカヌーで回収
リピーターは手慣れていて、指導者に勝負を挑む子も
やったことない人集まれ!!カヌーやヨットを乗りこなし、夏の主役に 舟艇体験乗船会