あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

ストーブをつけて「水辺の安全教室&SUP体験会」を開催


岩見沢市栗沢B&G海洋センター(北海道)

 

10月14日(木)、岩見沢市栗沢B&G海洋センター(北海道)で、海や川で安全に自然体験を楽しむことができるよう、自分の身を守る知識と技術を身につけることを目的に「水辺の安全教室&SUP体験会」を開催。児童14人が参加しました。
 
当日は17時開始ということもあって肌寒かったため、プールサイドにストーブを設置。水着に着替えた子どもたちをストーブ前に集合させ、安全教室をはじめました。
指導者の模範実技のあと、落水時の対処法である「背浮き」、ペットボトル・お菓子の袋を使った「浮き身」の練習を行いました。
 
 

安全教室の実技説明

安全教室の実技説明

お菓子の袋でも上手に浮いています

お菓子の袋でも上手に浮いています

 

子どもたちから「水に落ちてもあわてないことが大事」「ペットボトルが浮くのは知っていたがお菓子の袋は意外だった」「今日学んだことを家族に教えてあげようと思う」などの声が聞かれました。

 
 

安全教室後、SUP体験会を実施。全員が初めての体験だったので難しいかなと思っていましたが、子どもたちの飲み込みは早く、徐々にコツをつかんで立って漕げるようになりました。初めてのSUPにみんな目を輝かせてチャレンジしていました。
 

最初は立て膝の姿勢で

最初は立て膝の姿勢で

バランスをとって漕げるようになりました

バランスをとって漕げるようになりました


 

担当者の感想 濱 翔平さん

コロナ禍で10月6日まで休館していたこともあり、久しぶりのプールに子どもたちのテンションは高く、とても楽しそうでした。SUP体験会は初開催でしたが、翌日、参加した子どもの保護者から「昨日は楽しかったって喜んでいました」と声をかけてもらい、一安心しています。
 
岩見沢市は内陸部のため、子どもたちにとって、普段体験することない海洋性レクリエーションにチャレンジすることは貴重な経験です。今後もさまざまな体験の機会を提供していきたいと思っています。
 
 

B&Gレポーター 岩見沢市栗沢B&G海洋センター 濱 翔平

 
 

(Visited 103 times, 1 visits today)

あなたへのオススメ記事

安全教室の実技説明
ストーブをつけて「水辺の安全教室&SUP体験会」を開催
好きな用具をご自由に
緊急事態宣言解除に合わせ「今日は一日 親子でスポーツの日」
毎週ノルディックウォーキングを楽しむ参加者は、2時間の活動でも疲れ知らず。
「秋のごみゼロウィーク」北海道岩見沢市で、ノルディックウォーキング愛好者によるウォーキングコースの清掃活動を実施
行こうよ 海洋センターへ! プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」 豊川市小坂井B&G海洋センター(愛知県)
プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」
3センター合同で プールから海にステップアップ、「親子カヌー・SUP体験会」を開催
さっそく乗艇!
1人ひとりに寄り添った指導「ジュニア水泳教室」