あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

1人ひとりに寄り添った指導「ジュニア水泳教室」


大仙市神岡B&G海洋センター(秋田県)

 

大仙市神岡B&G海洋センター(秋田県)で、2021年7月28日から30日までの3日間、子どもたちの水泳技術と安全知識の向上、健康増進を目的に「夏休みジュニア水泳教室」を開催。神岡小学校の2・3年生30人が参加しました。
 

水慣れ(ワニさん歩き)

水慣れ(ワニさん歩き)


キック練習

キック練習

この教室の特長は「一人ひとりに寄り添った指導」。泳げない子どもからバタフライをマスターしたい子どもまで、参加者の要望・レベルに応じた指導を行うことです。
教室に参加した子どもたちから
「鼻をつままないで潜れるようになった」
「ラッコ浮きが楽しかった」
「ビート板を使って25m泳げるようになった」
「クロールの息継ぎができるようになった」
「ターンがうまくできようになった」
「バタフライのキックのコツがつかめた」
などのさまざまな感想が寄せられました。
 
 
プログラムの一つとして「水辺の安全教室」を行い、水辺の安全に関する知識を学ぶとともに、ライフジャケットの着用効果や落水時の対処法を体験しました。
 
 

水辺の安全教室

水辺の安全教室


ライフジャケット着用体験

ライフジャケット着用体験


 
また、毎日、教室がはじまる前には、海洋センター周辺のクリーン活動を実施。資料で海洋ごみについて理解を深めるとともに、数名でチームを組んで競い合いながら楽しくごみ拾いを行いました。
 
クリーン活動

クリーン活動


地元のマスコットキャラクター「だけ丸くん」が応援に駆けつけてくれました

地元のマスコットキャラクター「だけ丸くん」が応援に駆けつけてくれました

担当者の高橋寛光さんは「この教室で成功体験を積み重ねることで、子どもたちの表情が日に日に輝いていくのが印象的でした。今後も地域の方々の声に耳を傾けながら各種教室を開催し、地域コミュニティの拠点としての役割を果たしていきたい」と語ってくれました。
 
 
B&Gレポーター 大仙市神岡B&G海洋センター 高橋寛光
 
 

(Visited 2 times, 1 visits today)

あなたへのオススメ記事

好きな用具をご自由に
緊急事態宣言解除に合わせ「今日は一日 親子でスポーツの日」
毎週ノルディックウォーキングを楽しむ参加者は、2時間の活動でも疲れ知らず。
「秋のごみゼロウィーク」北海道岩見沢市で、ノルディックウォーキング愛好者によるウォーキングコースの清掃活動を実施
行こうよ 海洋センターへ! プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」 豊川市小坂井B&G海洋センター(愛知県)
プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」
3センター合同で プールから海にステップアップ、「親子カヌー・SUP体験会」を開催
さっそく乗艇!
1人ひとりに寄り添った指導「ジュニア水泳教室」
いくつになっても泳ぎたい、「はじめてスイム」を毎週開催