あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

心と体を元気に、歩いて募金 富山市八尾で「チャリティーウォーキング」


富山市八尾B&G海洋センター(富山県)

 

2020年11月23日に富山市八尾B&G海洋センターで「チャリティーウォーキングin八尾」が開催されました。

 

スタッフ集合写真

スタッフ集合写真

 

「コロナ禍でも、地元の魅力発信と健康づくり」を目的に開催され、八尾町を中心に約90名が参加しました。

 

約2キロのコースを地元の観光ボランティア「風の案内びと」とともにまわり、1週目は200円、2週目以降は金額自由で寄付を募ります。集まったお金は富山県庁のコロナ対策課へ寄付。「歩いて募金」がポイントです。

 

ボランティアガイドさん(オレンジのジャケット)の解説

ボランティアガイドさん(オレンジのジャケット)の解説

 

当日は密を避けるために、コースを右回り・左回りに分けたうえで、15分間隔で出発。「八尾町民ひろば」を発着点として、「禅寺坂」「おたや階段」「八尾曳山展示館」などのスポットを巡りました。路地裏通りは風情を感じられるだけでなく、坂や階段があるので、しっかりとした運動にもなります。

 

 

ガイドとともに1時間かけてゆっくりと八尾旧町を楽しむ方もいれば、体力増進のために3周もまわった方もいました。

 

また、特別ゲストとして近くのオーガニックファームからヤギも参加。寒さに負けず、参加者を癒し和ませていました。

 

 

「普段は車で通っているため、ゆっくりと街並みを見るということをしていませんでした。案内を受けながらの町歩きは、とても楽しかったです」と見落としがちな町の魅力に触れた方がいれば、「ただ歩くだけではなく、八尾町を探索しながら地元の方と交流ができて、あっという間の楽しい時間でした」とコロナ禍で減りがちなコミュニケーションを満喫した方も。思い思いに、和気あいあいとした雰囲気でウォーキングを楽しんでいただけたようです。

 

富山市八尾B&G海洋センターの高野さんは、春からのウォーキングイベントがすべて中止となったことを受け、秋には何かできないだろうかと考え、本イベントの実行委員会を立ち上げました。イベントを無事に終えた高野さんは「スタッフを含め、参加された方とのつながりが一番うれしかったです。元気をもらえたのは、私のほうでした」と話します。人と人のつながりの大切さに、改めて気づくイベントとなりました。

 

お手伝いをしてくれた小学生たちとともに募金を届けました

お手伝いをしてくれた小学生たちとともに募金を届けました

 

 

 

 

B&Gレポーター 富山市八尾B&G海洋センター・高野 眞久

 

 


あなたへのオススメ記事

「コロナにメン!ドウ!コテ!」各地の海洋センターで新春剣道教室開催
親子でハイハイの競争。運動不足だというお母さんは必死です
畳のうえで楽しく運動とルールを学ぶ 安芸高田市で「たたみほいくえん」開催中
「“ねばったなっとう いただきま~す”の『ね』」!「はいっ!」と元気な声が響きます
今年も新春恒例「宝探しとでっかいカルタ大会」を開催 会場では元気に走りまわる子どもたちの声が響きわたりました
「これで勝てば優勝!」と、アタックにも力が入ります
コロナ禍を吹き飛ばすくらいの白熱した名勝負が続々! 恒例の「親子バレーボール大会」が今年も開催
top
自然に触れ合いものづくり 南島原市で「秋・冬の自然体験『海ノート・山ノート』」開催
スタッフ集合写真
心と体を元気に、歩いて募金 富山市八尾で「チャリティーウォーキング」