あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

イレギュラーを乗り越えて実施! 江の島で「ハンザヨット教室と水辺の安全・防災学習」開催


B&G江の島海洋クラブ(神奈川県)

 

 

2020年11月1日にB&G江の島海洋クラブで「ハンザヨット教室と水辺の安全・防災学習」が開催されました。

 

 

ヨット帆走の基礎技術と防災知識を同日で学べるイベントとして、東京・神奈川から計19人が参加。参加者はマスク着用と体温測定、手消毒を行い、新型コロナウィルス対策を徹底しての実施となりました。

 

 

当日はハンザ303を6艇、レスキュー艇1艇を用意。ハンザは誰でも乗れるように改良された、小型の1~2人乗り用ヨット。子どもや高齢者でも高度な技術を必要とせずに操作できます。今回は7名のハンザインストラクターが集まり、初心者をサポート。どなたでも安全に帆走体験ができる環境を整えました。

 

 

 

まずは午前中に帆走体験を2回行う予定でしたが、風が弱く、風待ちのために昼食を早めることに。その後、防災学習として紙芝居で地震時の避難方法などを学習しました。

 

 

午後からは風も強まり、午前中の分も取り戻して3回の帆走体験を実施。定点ブイのあいだを回るかたちで帆走しました。帆走体験のあとは陸揚げから洗浄、格納まで行いました。

 

 

今回最年少だった小学3年生の女の子は、親子でヨットを体験。「ヨットの帆走がよくわかり、楽しかった」と満足げでした。

 

 

 

 

 

 

本来であれば年3回実施しているハンザヨット教室ですが、今年はヨットハーバーがオリンピックの会場予定地だったうえに、新型コロナウィルスの感染拡大もあり、予定は変更に次ぐ変更。江の島海洋クラブの佐山さんは、「イレギュラーな1年でしたが、なんとか10月、11月と2回の開催にこぎ着けることができました」と苦労を感じさせずに明るくレポートしてくれました。

 

 

B&Gレポーター B&G江の島海洋クラブ・佐山 光義

 

 


あなたへのオススメ記事

けのびの完成。あとは息継ぎを覚えれば泳げます
いくつになっても泳ぎたい、「はじめてスイム」を毎週開催
「コロナにメン!ドウ!コテ!」各地の海洋センターで新春剣道教室開催
親子でハイハイの競争。運動不足だというお母さんは必死です
畳のうえで楽しく運動とルールを学ぶ 安芸高田市で「たたみほいくえん」開催中
「“ねばったなっとう いただきま~す”の『ね』」!「はいっ!」と元気な声が響きます
今年も新春恒例「宝探しとでっかいカルタ大会」を開催 会場では元気に走りまわる子どもたちの声が響きわたりました
「これで勝てば優勝!」と、アタックにも力が入ります
コロナ禍を吹き飛ばすくらいの白熱した名勝負が続々! 恒例の「親子バレーボール大会」が今年も開催
top
自然に触れ合いものづくり 南島原市で「秋・冬の自然体験『海ノート・山ノート』」開催