あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

夕焼けの水辺でSUPとヨガ体験 掛川市で「SUP YOGA/FIT」開催


掛川市B&G海洋センター(静岡県)

 

2020年9月26、27日に掛川市B&G海洋センターで「SUP YOGA/FIT」が開催されました。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で自治体から委託される海洋性スポーツ普及事業が中止となるなか、地元の方々からSUP体験の問い合わせがあったことを受け、掛川市体育協会が独自に企画した「SUP YOGA/FIT」。不安定な水上でヨガを行うことにより体幹トレーニングの効果が得られ、水辺での開放的な気分も味わえます。

 

昨年は屋外プールでの開催でしたが、今年は大池での開催。海や川のような流れがないため、風さえなければ初心者でも安心できる環境です。

 

開催時間は15時30分からと遅めでしたが、これは風が徐々に弱くなり、水面が綺麗になる時間を狙ってのこと。掛川市B&G海洋センターの増田一樹さんは「風で水面が波立ってしまうことだけが懸念材料だったので、風が弱くなる時間帯での開催を考えました」と意図を明かします。

 

 

増田さんの狙いは見事に的中し、両日ともほぼ無風で穏やかな水面に。参加者の多くは海洋性スポーツ初体験だったため、初心者にとって最高のコンディションとなりました。

 

インストラクターを務めたChihiro先生の声かけは絶妙で、参加者の皆さんは、慣れない水上に緊張しつつも集中して取り組んでいました。しかし乙女心からか皆さん必死に落水を避けている様子で、グラグラと体勢を崩したときには思わず苦笑いを浮かべていました。

 

 

後半はSUPクルージング。陸上で漕ぎ方などをレクチャーしてから水上へ向かうと、ちょうど日も傾いてきました。夕陽を浴びながらのSUPクルージングという、贅沢なひと時です。

 

増田さんはイベントを振り返り「参加者の多くが若い女性で、初めて艇庫を訪れた方々でした。海洋性スポーツの普及という面でも、良いきっかけになったと思います」とイベント成功の手応えを感じていました。参加者の皆さんからも「自然のなかでSUP体験ができて、気持ちよかった」「また次回も参加したいと思います」といった声が届き、大満足のイベントになったようです。

 

 

 

 

 

B&Gレポーター 掛川市B&G海洋センター・増田 一樹

 

 


あなたへのオススメ記事

けのびの完成。あとは息継ぎを覚えれば泳げます
いくつになっても泳ぎたい、「はじめてスイム」を毎週開催
「コロナにメン!ドウ!コテ!」各地の海洋センターで新春剣道教室開催
親子でハイハイの競争。運動不足だというお母さんは必死です
畳のうえで楽しく運動とルールを学ぶ 安芸高田市で「たたみほいくえん」開催中
「“ねばったなっとう いただきま~す”の『ね』」!「はいっ!」と元気な声が響きます
今年も新春恒例「宝探しとでっかいカルタ大会」を開催 会場では元気に走りまわる子どもたちの声が響きわたりました
「これで勝てば優勝!」と、アタックにも力が入ります
コロナ禍を吹き飛ばすくらいの白熱した名勝負が続々! 恒例の「親子バレーボール大会」が今年も開催
top
自然に触れ合いものづくり 南島原市で「秋・冬の自然体験『海ノート・山ノート』」開催