あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

会話あり、笑いあり、拍手あり 熊野市紀和で高齢者対象の「紀和寿学園運動会」


熊野市紀和B&G海洋センター(三重県)

 

椅子に座って2m先のペットボトルを足で引っ張り込む「座ってかけっこ」

椅子に座って2m先のペットボトルを足で引っ張り込む「座ってかけっこ」

 

熊野市教育委員会の生涯学習講座「紀和寿学園運動会」が2020年10月20日、熊野市紀和B&G海洋センター(三重県)体育館で開催。当日は熊野市内から集まった高齢者43人が様々なゲームにチャレンジしました。

 

運動会という名目ではありますが、参加者の年齢が73歳から90歳。怪我などのアクシデントには細心の注意を払いながら、誰にでもできるゲーム感覚の種目とし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、感染対策を考慮しつつ2時間という短時間で実施しました。

 

手作りのトーチにピンポン玉を乗せて遊ぶ「あなたも聖火リレー」

手作りのトーチにピンポン玉を乗せて遊ぶ「あなたも聖火リレー」

 

「座ってかけっこ」はビニールシートの上に椅子を敷いて、椅子から2m離れたところにあるペットボトルを参加者が椅子に座って足で引っ張り込むゲームです。ペットボトルを掴めば終了です。

 

「あなたも聖火リレー」は東京オリンピックも控えていることから、手作りのトーチにピンピン玉を乗せて遊ぶゲーム。ピンポン玉を落とさないよう慎重に足を運ばれていました。

 

ブルーシートの中には景品が隠されています「ええもんひっぱれ」

ブルーシートの中には景品が隠されています「ええもんひっぱれ」

 

「ええもんひっぱれ」はブルーシートに隠れている景品をひもで引っ張るゲームです。コロナ禍を考慮し、参加者をグループに分けて色を指定し、小人数になるよう実施しました。洗剤やティッシュペーパーなど生活必需品が景品として渡されて、参加者は喜びの声をあげます。

 

その他ビンゴゲームも開催され、2時間の運動会はあっという間に終了しました。参加者からは「最近あまり外へ出てなかったので、皆さんと楽しく過ごしました」と楽しんでいた模様です。

 

レポーターの前川隆史さんは「自粛生活により自宅で過ごす日々が多くなった高齢者にとっては会話あり、笑いあり、拍手ありなど気持ちが晴れやかになる良い機会だったのではと思います。一人暮らしの高齢者が多い地域でこうした集える場所づくりが大切だと感じました」とコメント。

 

コロナ禍の影響で、高齢者を中心に外出する機会が減っていると聞きます。外出するきっかけをつくり、他者とコミュニケーションをとることができる、このようなイベントはこれからも開催されることを望みたいところです。

 

 

 

B&Gレポーター 熊野市紀和B&G海洋センター・前川 隆史

 

 


あなたへのオススメ記事

けのびの完成。あとは息継ぎを覚えれば泳げます
いくつになっても泳ぎたい、「はじめてスイム」を毎週開催
「コロナにメン!ドウ!コテ!」各地の海洋センターで新春剣道教室開催
親子でハイハイの競争。運動不足だというお母さんは必死です
畳のうえで楽しく運動とルールを学ぶ 安芸高田市で「たたみほいくえん」開催中
「“ねばったなっとう いただきま~す”の『ね』」!「はいっ!」と元気な声が響きます
今年も新春恒例「宝探しとでっかいカルタ大会」を開催 会場では元気に走りまわる子どもたちの声が響きわたりました
「これで勝てば優勝!」と、アタックにも力が入ります
コロナ禍を吹き飛ばすくらいの白熱した名勝負が続々! 恒例の「親子バレーボール大会」が今年も開催
top
自然に触れ合いものづくり 南島原市で「秋・冬の自然体験『海ノート・山ノート』」開催