あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

熊野市の清流「大又川」でカヌーと川遊び体験開催 「カヌー買って!」と親に頼む子どもたちも


熊野市紀和B&G海洋センター(三重県)

 

郷土の清流「大又川」で気持ち良くカヌーを体験

郷土の清流「大又川」で気持ち良くカヌーを体験

 

三重県立熊野少年自然の家の主催事業で郷土の清流「大又川」の自然を親子で体験できるイベント「渓流で遊ぼう!」が2020年8月23日に五郷町和田ふれあい公園で開催され、熊野市紀和B&G海洋センターはこの事業を共催し、カヌーの指導を担当しました。

 

アユのつかみ取りはみんな大苦戦

アユのつかみ取りはみんな大苦戦

 

悪天候の予報もあって天気の心配をしていましたが、当日は清流を楽しめる絶好の天候に恵まれます。熊野市近隣から集まった総勢30人は、午前中にカヌーとアユ・アマゴのつかみ取りを、午後は魚釣りを体験しました。つかみ取りしたアユやアマゴは地元漁協の協力を頂き、塩焼きで川魚を堪能します。普段なかなかできないこともあってか、参加者から「魚のつかみ取りは楽しくて、塩焼きも美味しかった」という声が上がるほどでした。

 

カヌー体験に関しては、市内有数の清流「大又川」を一人用カヌーで操縦して頂きました。実際に体験した小学生低学年の男の子はカヌーに夢中となったようで、お父さんに思わず「カヌー買って!」と頼み込んでしまうシーンもあり、レポーターの前川隆史さんも「カヌーの魅力が子どもたちに伝わってよかった」と喜びます。他の参加者からも「なかなか体験できない内容で、子どもにとっても良かった」「自然と触れ合える良い機会になりました」とカヌー体験を楽しんでいました。

 

アユの塩焼きは美味しくて仕方がありません

アユの塩焼きは美味しくて仕方がありません

 

前川さんは「久し振りにカヌーに乗って指導することができました。川の水量は少なめで、カヌーをするには若干物足りなかったかもしれませんが、子どもたちが頑張ってパドルを操っているところを見ることができて本当に良かったです。今年はコロナの影響で河原でのイベントは中止が続きましたが、漁協のバックアップもあって、賑やかなイベントになりました」と大満足の様子でした。

 

午後からは魚釣りを楽しんで頂きました

午後からは魚釣りを楽しんで頂きました

 

カヌー体験や川遊びは、どこでもできるわけではありません。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、環境が整っていたとしても実施できない状況にあります。子どもたちにとってはその瞬間が貴重な時間です。その時しか味わえない貴重な体験を積み上げることは、どんな時代背景だとしても不変であって欲しいものです。

 

 

B&Gレポーター 熊野市紀和B&G海洋センター・前川 隆史


あなたへのオススメ記事

イレギュラーを乗り越えて実施! 江の島で「ハンザヨット教室と水辺の安全学習防災」開催
「ぴょんぴょんとび10m走」。転ばないように気をつけながらみんな頑張れ!
目指せ新記録!未来のアスリートは君だ!?毎年恒例の「チャレンジランキング大会」を開催
夕焼けの水辺でSUPとヨガ体験 掛川市で「SUP YOGA/FIT」開催
家族みんなで海を身近に感じる 神戸市須磨区で「モーターボート体験乗船会・海藻おしば教室」
ブルーシートの中には景品が隠されています「ええもんひっぱれ」
会話あり、笑いあり、拍手あり 熊野市紀和で高齢者対象の「紀和寿学園運動会」
運動メニューのベースの一つ、ステップ運動で心地いい汗を流します
半年後は今よりもっと元気に、健康に!一人ひとりにピッタリのスマート健康教室が開催