あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

今年の夏はベテラン指導員も大苦戦 『鬼滅の刃』も参考に? 白馬村立白馬南小学校で水泳授業を実施


白馬村B&G海洋センター(長野県)

 

長野県白馬村B&G海洋センターは2020年7月13~22日にかけて、白馬村立白馬南小学校で水泳授業を行いました。「学校体育実技指導協力者派遣事業」の協力者として2年連続で長野県教育委員会より委嘱されたもので、学校の授業として実施されました。

 

長野県教育委員会からの委嘱状

長野県教育委員会からの委嘱状

 

今年は新型コロナウイルスの影響によって夏休みのプール開放が中止され、水泳授業の重要性が増しました。レポーターの西澤さんは昨年も白馬南小学校での水泳授業を受け持ち、ボランティアとしては10年前から夏休みのプール開放で指導を行ってきたベテランですが、「夏休みのプール開放がないため、授業だけでしっかりと指導しなければならない使命が重くのしかかって不安もありました」と振り返ります。

 

天候に左右され、なかなか水温が上がりませんでした

天候に左右され、なかなか水温が上がりませんでした

 

また、なかなか天候にも恵まれず、7月初旬開始の予定が7月中旬にずれ込み、終業式直前でなんとか全学年で目標を達成することができたそうです。授業は45分ですが、実際に指導に充てられるのは30分程度。限られた時間のなかでステップアップしてもらうために、写真の活用や授業ごとにポイントをまとめてホワイトボードで掲示するといった工夫を凝らしました。

 

離れてもわかるよう大きな字で書きました。実は練習メニューのカンニング用という役割も……

離れてもわかるよう大きな字で書きました。実は練習メニューのカンニング用という役割も……

 

「時間がないからと急ぎすぎても生徒たちの理解が進みませんから、丁寧に指導するところとさらっと指導するところでメリハリもつけました。かつて指導者養成研修で『準備8割』と学んだことを思い出しながら、しっかりと計画を立てて授業に臨みました」

 

担任の先生と一緒に生徒たちのレベルをチェックしながらアドバイス

担任の先生と一緒に生徒たちのレベルをチェックしながらアドバイス

 

学校の授業ならではの難しさは、1年生から6年生の全校生徒を指導することでしょう。「学年に応じて、より理解を深めるための言葉選びに苦労しました。念頭に置いたのは、生徒たちの興味をひく言葉を選ぶことです」。

 

なかでも平泳ぎの足の型を完成させるために一番多く授業を行ったという4年生には、大流行の漫画『鬼滅の刃』を真似て説明したとか。生徒たちは「みどりコーチのおかげで平泳ぎがとってもうまくなりました。また海洋センターで会ったら平泳ぎをおしえてくださいね」と、ほぼ全員が平泳ぎの足の型を習得できたそうです。

 

また、学習指導要領の改訂により2020年度から小学5、6年生の必修となった背浮きを身につけるため、事前に紙芝居を用いて背浮きの“良い例”と“悪い例”を説明しました。しかし曇り空が多く、少し肌寒かったこともあり、なかなか力を抜いてゆっくり浮いていられるような天候にならなかったそうです。ようやく晴れ間が現れた最終日には、全員が背浮きをしっかりできるようになりました。

 

生徒からのお手紙。授業の感想を個々に聞けてうれしかったです

生徒からのお手紙。授業の感想を個々に聞けてうれしかったです

 

授業終了後には、生徒たちから西澤さん宛にたくさんのメッセージカードが届きました。なかには「コーチに教えてもらって平泳ぎのキックがとても上手になりました。来年もよろしくお願いします」と、早くも来年の西澤さんの指導を待ち望む声も届いていました。

 

 

 

 

 

B&Gレポーター 白馬村B&G海洋センター・西澤 みどり


あなたへのオススメ記事

実際に避難所開設時に使用する備品
新型コロナ対策をアップデートした避難所開設訓練 「御嵩町防災訓練」を実施
「飛脚駅伝大会」でクラブ員が激走中
【はじめまして】B&G矢掛海洋クラブです 県大会上位入賞と飛脚駅伝大会出場に燃えています
コロナに負けず渓谷遊びとラケットテニス 「B&G海洋クラブ交流デイキャンプin鬼北」開催
見よう見まねで楽しめるのが「ZUMBA」の魅力
「下手でもいいから音楽を楽しみ、体を動かす」 ZUMBA採用で海洋センター事業の成長エンジンへ
プールで身につけた技術で広い海へ 志布志市で「チャレンジカヌー教室」開催
SUPに乗って夕日を楽しむ。幻想的な世界が味わえますよ
【はじめまして】B&G琴ケ浜海洋クラブです 「歴史と自然を融合」させて子どもたちの海離れをSTOP