あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

自粛生活下の子どもたちに心と体の健康増進を 「夏の体験教室2020」開催


柳津町B&G海洋センター(福島県)

 

柳津町中央公民館の主催事業(共催・NPO法人赤べこトータルスポーツ)として、「夏の体験教室2020」が7月23日「海の日」に開催されました。子どもたちは新型コロナウイルスの感染予防対策のために、長期間の自粛生活を余儀なくされています。「夏の体験教室2020」は、そんな子どもたちの心と体の健康増進を目的として実施されました。

 

参加したのは、柳津町内から集まった小学生18名。地元農家さん協力の野菜収穫やピザ焼き体験、柳津町B&G海洋センター体育館にて開かれたニュースポーツ体験教室を楽しみました。

 

野菜農家さんからトマト栽培の説明を受けています

野菜農家さんからトマト栽培の説明を受けています

 

野菜収穫体験では、まず地元の野菜農家さんからトマトの栽培方法を学びました。

 

栽培されているミニトマトの収穫体験

栽培されているミニトマトの収穫体験

 

次に、トマトとブルーベリーの収穫を体験しました。収穫した野菜は水洗いし、その場で実食。子どもたちはおいしそうに新鮮な野菜を味わっていました。レポーターの栗田さんは「時折小雨が降る場面もありましたが、なんとか持ちこたえてくれたので良かったです」と胸をなでおろしました。

 

ピザを手作り中

ピザを手作り中

 

会場を移して体験したのは、メインイベントのピザ焼き。大きなピザ窯で1人1枚を焼き上げました。生地を伸ばすところから始めたため、低学年の子どもたちは苦戦していましたが、苦労した分、自分たちで焼き上げたピザの出来栄えに大満足。

 

自分たちで焼き上げたピザ

自分たちで焼き上げたピザ

 

「きれいな円にはできなかったけど、楽しかった。焼きたてのピザは熱くてやけどしそうだったけど、おいしかったです」と喜びを語ってくれました。

 

ニュースポーツ体験で風船バレーを楽しみました

ニュースポーツ体験で風船バレーを楽しみました

 

午後からは柳津町B&G海洋センター体育館に移動し、ニュースポーツの風船バレーに挑戦しました。コロナ禍の影響で思うように体を動かせなかったこともあってか、子どもたちは大はしゃぎ。

 

対戦形式のゲームでは熱戦を繰り広げ、「みんなで作戦を立ててゲームをするのは楽しかった。負けて悔しかったけど、友達と運動できて楽しかった」と久し振りの運動を満喫していました。

 

イベントを終えてレポーターの栗田さんは、「コロナ禍による自粛生活でストレスを溜めていた子どもたちにとって、よいストレス発散の機会になったと思います。子どもたちは初めての体験に目を輝かせて、自分で作ったピザの味にも大興奮していました。地元の農家さんをはじめとした皆様の協力もあり、盛りだくさんの内容となりました」と、子どもたちの笑顔から成功の手応えを感じていました。

 

今後も柳津町B&G海洋センターでは柳津町の方々と連携し、未来を担う子どもたちの健全な育成を推進していきます。

 

 

B&Gレポーター 柳津町B&G海洋センター・栗田 一路


あなたへのオススメ記事

実際に避難所開設時に使用する備品
新型コロナ対策をアップデートした避難所開設訓練 「御嵩町防災訓練」を実施
「飛脚駅伝大会」でクラブ員が激走中
【はじめまして】B&G矢掛海洋クラブです 県大会上位入賞と飛脚駅伝大会出場に燃えています
コロナに負けず渓谷遊びとラケットテニス 「B&G海洋クラブ交流デイキャンプin鬼北」開催
見よう見まねで楽しめるのが「ZUMBA」の魅力
「下手でもいいから音楽を楽しみ、体を動かす」 ZUMBA採用で海洋センター事業の成長エンジンへ
プールで身につけた技術で広い海へ 志布志市で「チャレンジカヌー教室」開催
SUPに乗って夕日を楽しむ。幻想的な世界が味わえますよ
【はじめまして】B&G琴ケ浜海洋クラブです 「歴史と自然を融合」させて子どもたちの海離れをSTOP