あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

コロナ自粛後2ヵ月ぶりのカヌー教室に、県内外から108人が参加


B&G富山海洋クラブ(富山県)

 

カヌー乗船前に体験者全員に操作方法・安全面のレクチャーをします

カヌー乗船前に体験者全員に操作方法・安全面のレクチャーをします

 

受付では、氏名・住所・年齢・連絡先をご記入後、全員に手袋支給のうえ、レクチャー場所へ移動していただきます

受付では、氏名・住所・年齢・連絡先をご記入後、全員に手袋支給のうえ、レクチャー場所へ移動していただきます

 

B&G富山海洋クラブ(富山県)では、「富山市環水公園カヌー体験教室」を2020年6月21日(日)に開催しました。

毎月第3日曜日に開催しているこの教室も、コロナ感染防止のため4月、5月は中止していました。緊急事態宣言解除に伴い、感染予防対策をとり2ヵ月ぶりの開催となりました。

「活動自粛直後で参加者は少ないだろう」と予想していたところ、通常よりも多い108人もの参加者(石川・愛知・岐阜・大阪などの県外客42人を含む)が集まりました。

雲ひとつない快晴の中、還水公園の広々とした約80m×150m水面で、参加者はのびのびとカヌーを楽しんでくれました。

 

カヌー乗り場です。初心者が多いため乗り降りはスタッフが手伝います

カヌー乗り場です。初心者が多いため乗り降りはスタッフが手伝います

 

体験者は水面を自由に移動してもらっています。レスキュー担当スタッフは常に3人水面に待機しています

体験者は水面を自由に移動してもらっています。レスキュー担当スタッフは常に3人水面に待機しています

 

イベントを担当した能登さんは、「準備段階からコロナの感染者が出たらどうしようという思いが先行し、非接触体温計・消毒薬・手袋・体験者用マスク・受付透明シートなど、考えられることをすべて実行しました。こうして当日を迎えましたが、ふたを開けてみれば予想以上の反響でビックリ。感染対策の徹底でスタッフがカヌーを楽しめないくらいの盛況ぶりでした。」と語ってくださいました。

 

 

 

 

 

B&Gレポーター B&G富山海洋クラブ・能登 聡


あなたへのオススメ記事

実際に避難所開設時に使用する備品
新型コロナ対策をアップデートした避難所開設訓練 「御嵩町防災訓練」を実施
「飛脚駅伝大会」でクラブ員が激走中
【はじめまして】B&G矢掛海洋クラブです 県大会上位入賞と飛脚駅伝大会出場に燃えています
コロナに負けず渓谷遊びとラケットテニス 「B&G海洋クラブ交流デイキャンプin鬼北」開催
見よう見まねで楽しめるのが「ZUMBA」の魅力
「下手でもいいから音楽を楽しみ、体を動かす」 ZUMBA採用で海洋センター事業の成長エンジンへ
プールで身につけた技術で広い海へ 志布志市で「チャレンジカヌー教室」開催
SUPに乗って夕日を楽しむ。幻想的な世界が味わえますよ
【はじめまして】B&G琴ケ浜海洋クラブです 「歴史と自然を融合」させて子どもたちの海離れをSTOP