あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

泥だらけの『干潟体験』でふるさとの良さを知ろう 自然体験事業「ネイチャー」


南島原市西有家B&G海洋センター(長崎県)

 

干潟上つなひき決勝戦(足がなかなか動かず苦戦)

干潟上つなひき決勝戦(足がなかなか動かず苦戦)

 

全身干潟泥パック(お肌すべすべ間違いなし!)

全身干潟泥パック(お肌すべすべ間違いなし!)

 

長崎県の南島原市西有家B&G海洋センターは9月14日(土)、泥だらけになって干潟で遊び、潟スキー競争や潟上綱引きなどのガタリンピック競技などを行う「干潟体験」イベントを佐賀県鹿島市の道の駅「鹿島」で行ないました。同事業は、一年間を通して、ふるさとの良さを知り、ふるさとを愛する心を育むために月一回行っている自然体験事業「ネイチャー」の第四回目の活動です。南島原市の小学校から40人が参加、干潟の中を飛んだり跳ねたり、泥んこになって楽しんでいました。

 

当日は、南島原市からバスで移動、午後から約一時間、干潟で綱引きやムツゴロウ探し、泥干潟で漁をする時に使う押し板に乗る潟スキーでの競争などを行いました。日頃は洋服を汚さないように言われている子どもたちですが、この日だけは、全身泥だらけになって、顔に泥をつけ合ったり、泥の中を走ったりして遊びました。

 

ムツゴロウ探し(ムツゴロウの赤ちゃんがたくさん飛び回っていました)

ムツゴロウ探し(ムツゴロウの赤ちゃんがたくさん飛び回っていました)

 

「ネイチャー」では、ふるさとの良さを知り、ふるさとを愛する心を育むために年8回のプログラムで自然体験活動を行っています。これまで、地元の海水浴場でマリンスポーツを体験したり、地元名産のそうめんを食べたりして南島原市の良さを再発見、今後も原城沖での魚釣りや「オルレ」と呼ばれるプチ遠足などを行う予定です。

 

潟上スキー体験(地元の漁師さんは干潟の上をこれを使ってスイスイ移動します)

潟上スキー体験(地元の漁師さんは干潟の上をこれを使ってスイスイ移動します)

 

レポーターの小関あゆさんは、「綱引きや潟スキー競争などがあり、見ている方も応援に熱が入る運動会のような雰囲気でした。干潟かけっこ競争では優勝者にメダルもあり、白熱したものになりました。陸上を走るよりもコツがいるようで、見ていて楽しかったです」とコメント、子供たちの笑い声が絶えない楽しいイベントとなったようです。

 

 

【参加者の感想】

•バス遠足に行っているようでとても楽しかった

•干潟の中は暖かくて気持ち良かったです。全身泥パックしているみたいでした

•干潟の上を走るのは難しかったけど楽しかったです

•ムツゴロウがたくさんいました

 

 

B&Gレポーター 南島原市西有家B&G海洋センター・小関 あゆ


あなたへのオススメ記事

実際に避難所開設時に使用する備品
新型コロナ対策をアップデートした避難所開設訓練 「御嵩町防災訓練」を実施
「飛脚駅伝大会」でクラブ員が激走中
【はじめまして】B&G矢掛海洋クラブです 県大会上位入賞と飛脚駅伝大会出場に燃えています
コロナに負けず渓谷遊びとラケットテニス 「B&G海洋クラブ交流デイキャンプin鬼北」開催
見よう見まねで楽しめるのが「ZUMBA」の魅力
「下手でもいいから音楽を楽しみ、体を動かす」 ZUMBA採用で海洋センター事業の成長エンジンへ
プールで身につけた技術で広い海へ 志布志市で「チャレンジカヌー教室」開催
SUPに乗って夕日を楽しむ。幻想的な世界が味わえますよ
【はじめまして】B&G琴ケ浜海洋クラブです 「歴史と自然を融合」させて子どもたちの海離れをSTOP