あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

カヌーレース大会「海族カップ」開催!海で遊ぶことの楽しさ教えたい


亘理町B&G海洋センター(宮城県)

 

宮城県の亘理町B&G海洋センターは、7月28日(日)、亘理町内の地域の方々に気軽に施設を利用してもらうためのきっかけ作りとして、艇庫保有のカヌーを活用したカヌーレース大会「第一回海族カップ2019」を開催しました。亘理町内の小学4~6年生21人が参加、応援に来た保護者や地域の方々を含め92人が来場し、大盛況となりました。カヌー未経験者や初めて艇庫を訪れる人の参加も多く、効果的なPRベントとなったようです。

 

優勝チームには賞状と亘理町ゆるキャラ「わたりん」グッズをプレゼント

優勝チームには賞状と亘理町ゆるキャラ「わたりん」グッズをプレゼント

 

初心者も経験者も楽しくカヌーを漕ぎました

初心者も経験者も楽しくカヌーを漕ぎました

 

当日は、あえて個人戦ではなくチーム対抗レースとして、スタッフが学年や経験を考慮しながらチームを作成、全員でカヌー練習を行い参加者同士の交流も図りました。保護者や地域の方もレースを観戦、大きな声援の中一体感を持ったイベントになりました。

カヌー経験者の児童からは「もっと上手になりたい!」の声が、初めてカヌーに乗った児童からは「またやりたい!」の声が聞かれるなど、今回のイベントがカヌーの楽しさや海で遊ぶことの楽しさを再発見するきっかけになったようです。また引率の保護者や地域の方々からは、「こんな場所があったなんて知らなかった」「次は家族でゆっくり来たい」など、今後の同海洋センター利用につながっていくような感想が聞かれました。なお、参加者全員にカヌー無料券などの参加賞がプレゼントされました。

 

 

レポーターの(株)海族DMC・太見洋介さんは「初の試みでしたが、想像以上の来場者で大盛況となりました。目的でもあった「亘理町B&G海洋センター艇庫に来れば気軽にカヌーなどのマリンスポーツが楽しめる」ということを92人の方々に知っていただけたことが、何よりの実績かと思います」と語り、今後も引き続き施設利用者増加と交流人口拡大に努めていく意向を示しました。

 

 

 

 

B&Gレポーター 亘理町B&G海洋センター艇庫・(株)海族DMC 太見洋介


あなたへのオススメ記事

展示ブースで足をとめるお客様。1階の繁盛が2階の展示コーナーへ人の流れを呼びました。
B&G大内海洋センター市民祭出展 大内B&Gセンターを知ってほしい!ミッションは市民へのセンターのPR
オープニングイベントの空手演舞。センターに練習に来ている子どもたちが披露してくれました!
子どもから高齢者まで800名が参加 体育の日に各種スポーツを体験 「瀬戸内市スポーツフェスティバル2019」
今年度配備の救助艇が水難救助に活躍 日頃の活動や「水辺の安全教室」のノウハウで人命を救う
大きいタライに移して、さつき沼に生息する生物を観察しました
自然環境保護・沼の生態系学習とともに水辺の安全を指導 ザリガニ釣り体験
指導員が漕ぎ方を説明
障がいの有無にかかわらず自然体験活動が行える環境を マリンスポーツ体験会
Cクラスレース風景
過去最多エントリーで白熱のレース 第15回坊ちゃんカップヨット大会