あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

日本代表の佐藤選手が直接指導!!プールの底の熱戦、水中ホッケーにもっと親しんで


長岡市越路B&G海洋センター(新潟県)

 

プールの底で、パック(的)のゴールインを競い合う水中ホッケー

プールの底で、パック(的)のゴールインを競い合う水中ホッケー

 

新潟県長岡市で人気のある“水中ホッケー”をもっと身近なスポーツにと、長岡市越路B&G海洋センターは6月29日、水中ホッケー日本代表選手の佐藤直紀さんをはじめ長岡市出身の選手ら6人を講師に招いた「水中ホッケー体験会」を同センターのプールで実施しました。水中ホッケーは初めてという子供たちや地域住民ら十数人が参加し、一流選手たちの手ほどきを受ける貴重な体験を通じて、水中スポーツの楽しさを体感しました。

 

現役日本代表の佐藤選手らが指導

現役日本代表の佐藤選手らが指導

 

さあ、水に潜って~

さあ、水に潜って~

 

水底での熱い戦いの始まりです

水底での熱い戦いの始まりです

 

水中ホッケーは、イングランド発祥の水中スポーツの一つ。
日本ではまだあまりなじみがありませんが、長岡市では振興に力を入れており、日本代表選手なども輩出しています。長岡市越路B&G海洋センターでは、この水中ホッケーの認知度を高めるとともに、たくさんの人たちに海洋性スポーツに親しんでもらおうと、今シーズンのプールオープン初日の記念行事として大々的に開催しました。

 

今日だけは、フィンを付けて泳ぐのもOK!

今日だけは、フィンを付けて泳ぐのもOK!

 

体験会では、6人の講師が、水中ホッケーの基本の動きやルールを説明しながら指導。参加者は一流選手たちの一語一句に熱心に耳を傾け、水中ホッケーのコツを学びました。また、通常のプール営業時には禁止している、フィンを付けての遊泳も許可するなど普段とは異なる環境を提供。子供たちの楽しそうな表情が印象的でした。参加者の1人は「初挑戦だったけど、試合が楽しかったので、またやってみたい」と笑顔で語ってくれました。

 

長岡市越路センターでは水中ホッケーの体験会を、プールオープン初日の恒例イベントとして行っており、今回が5回目となります。レポーターの山﨑さんは、「継続して開催することで、水中ホッケーの知名度が上がってきている」と実感しています。今後も引き続き体験会を実施する計画で、「参加者をより多く集められるよう、広報活動を強化していく」考えです。

 

また、来年も体験会に参加してくださいね

また、来年も体験会に参加してくださいね

 

 

B&Gレポーター 長岡市越路B&G海洋センター・山﨑 卓郎


あなたへのオススメ記事

一番大切なのは基本姿勢のストリームライン
水泳の魅力を今よりも知ってほしい シドニーオリンピック100m背泳ぎ銀メダリスト 中村真衣さん水泳教室
大好評だった「宝さがしゲーム」。必死でアヒルを選ぶ子供
普段体験できない「きっかけ作り」 宝さがしやクリーン作戦も 海洋スポーツ普及大会
水辺の安全教室、落伍者もなく、安全に教室を終えました。「はい!チーズ!」で記念撮影
改修で快適プール 待ちに待ったオープン 新器材で多世代に魅力アップ 2019年 おおやB&G海洋センタープール開き
プールの底で、パック(的)のゴールインを競い合う水中ホッケー
日本代表の佐藤選手が直接指導!!プールの底の熱戦、水中ホッケーにもっと親しんで
世界最高峰といわれる「モロカイチャレンジ」
自力で海峡を渡る過酷なレースです
錦江湾海洋クラブが誇る飽くなきチャレンジャー白畑瞬さん 世界屈指のパドルレース「モロカイチャレンジ」で日本人歴代2位を獲得
海ごみをなくすぞ!
海ごみへの理解を深めよう!海ごみゼロフェスティバルへの参加と今年初の海活動