あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

海ごみへの理解を深めよう!海ごみゼロフェスティバルへの参加と今年初の海活動


B&G中島海洋クラブ(愛媛県)
海と日本プロジェクト ロゴ

 

 

 

海ごみをなくすぞ!

海ごみをなくすぞ!

 

今シーズン初カヌーです

今シーズン初カヌーです

 

愛媛県のB&G中島海洋クラブは、今シーズン初の海洋活動に合わせて、全国一斉清掃活動「海ごみ0(ゼロ)フェスティバル」に参加、活動フィールドである松山市姫ヶ浜海水浴場の清掃を行いました。清掃活動後には、今シーズン初のカヌー体験を実施、クラブ員たちは、気持ち良さそうに久しぶりのカヌーを楽しみました。

 

当日は、始めに海ごみ問題について指導員から説明、現在の海洋汚染問題についての理解を共有したあと、約40分間の清掃活動を行いました。真夏のような暑さの中、一生懸命にごみ拾いを行い、プラスチック片やペットボトル、発泡スチロールなど24袋ものごみを拾いました。

 

暑い中手分けしてたくさんのゴミを拾いました

暑い中手分けしてたくさんのゴミを拾いました

 

姫ヶ浜海水浴場には漂着物としてのゴミもあり、事前レクチャーを受け、海洋ごみの現状を知り驚く参加者も多く「海ごみを減らすためにも、ポイ捨てなどをしないように気を付けたい(中2男子)」「カキ養殖のパイプが広島から流れてくることが分かった(小6男子)」など、海ごみに対する意識の高まりを感じさせるコメントが聞かれました。

また、ごみ拾い後は、今年初めてのカヌー体験。海上に出てカヌーの基本的な技術を学び、気持ちよさそうにカヌーを漕いでいました。

 

いかだを作って休憩中

いかだを作って休憩中

 

レポーターの宇都宮大地さんは、ごみゼロフェスティバルへの参加について「清掃活動は、海ごみ問題について理解を深める良い機会になったと思います」とコメント。その後行ったカヌーでは、やや波のある海上で、想定していたよりも上手に漕げているクラブ員が多かったことから「今年度のB&Gスポーツ大会では活躍が期待できそうです」と語りました。

 

 

B&Gレポーター B&G中島海洋クラブ・宇都宮 大地


あなたへのオススメ記事

一番大切なのは基本姿勢のストリームライン
水泳の魅力を今よりも知ってほしい シドニーオリンピック100m背泳ぎ銀メダリスト 中村真衣さん水泳教室
大好評だった「宝さがしゲーム」。必死でアヒルを選ぶ子供
普段体験できない「きっかけ作り」 宝さがしやクリーン作戦も 海洋スポーツ普及大会
水辺の安全教室、落伍者もなく、安全に教室を終えました。「はい!チーズ!」で記念撮影
改修で快適プール 待ちに待ったオープン 新器材で多世代に魅力アップ 2019年 おおやB&G海洋センタープール開き
プールの底で、パック(的)のゴールインを競い合う水中ホッケー
日本代表の佐藤選手が直接指導!!プールの底の熱戦、水中ホッケーにもっと親しんで
世界最高峰といわれる「モロカイチャレンジ」
自力で海峡を渡る過酷なレースです
錦江湾海洋クラブが誇る飽くなきチャレンジャー白畑瞬さん 世界屈指のパドルレース「モロカイチャレンジ」で日本人歴代2位を獲得
海ごみをなくすぞ!
海ごみへの理解を深めよう!海ごみゼロフェスティバルへの参加と今年初の海活動