あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

“eスポーツ” 次世代型運動プログラムをゲームで代行 不思議な一体感
家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室


米原市山東B&G海洋センター(滋賀県)

 

ゲームを使用して運動しているところ

ゲームを使用して運動しているところ

 

ゲームの使用法について説明

ゲームの使用法について説明

 

2月26日(火)、27日(水)の午後2時から午後3時まで米原市山東B&G海洋センターの多目的室で、家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室を開催しました。高齢者を対象とした次世代型運動プログラムの実施モニタリングのために開かれたもので、普段、海洋センターを利用している21人が参加。

 

近年、ゲーム機などを使った“eスポーツ”が盛んになってきていますが、家庭用ゲーム機を使用した次世代型の運動教室を開いたものです。これまでは対人で指導するものでしたが、運動する内容をゲームで行うことにより、教えるインストラクターが不在でも可能になってきます。人手不足、まして特殊な運動プログラムを家庭用ゲームで代行できる可能性のあるものと期待できます。

参加者は60歳から70歳の高齢者で、ゲーム自体したことがない方たちに集まっていただきました。イベントを行うにあたり、施設利用者へ参加を呼び掛けましたが、この世代のゲームに対するイメージは良くなかったため、参加にこぎつけるのに苦労しました。子供や孫の遊びといったイメージでしたが、いざ始まってみると細かい操作などはないことから、のめりこむようにゲームを行っていました。

 

教室終了後の茶話会

教室終了後の茶話会

 

自分の番でないときも、覚えるためにプレーに合わせ体を動かしていました。いざ自分のプレーになると、のめり込んでいくのが分かるほど、楽しげにプレーをしていました。最初はお試しの簡単なモードで行っていましたが、参加者一同でゲームをプレーするような、不思議な一体感が生まれるほど楽しく運動していました。

参加者に感想を聞くと、開始前のアンケートでゲームのイメージは悪いものでしたが、終了後にはイメージが大きく変わった方が多く、今後同じようなプログラムが開催されるなら、ぜひ参加したいとのことでした。

 

参加者で集合写真

参加者で集合写真

 

レポーターの髙橋良行さんは「イベントを検討したときは、ゲーム自体受け入れ難いため、参加者の集客は難しいのではないか」と考えていました。ところが「始まると皆さん子供のようにゲームを楽しみ、参加者一同の一体感が生まれ、実施して良かったと感じました。参加者はプール、体育館、各教室の施設利用者ですが、時間帯がばらばらで接点はなく、それが不思議と仲良くなっていました。近年稀にみるほどの大盛況のイベントでした」と振り返りました。

 

 

 

B&Gレポーター 米原市山東B&G海洋センター・髙橋 良行


あなたへのオススメ記事

「郷土(ふるさと)に学ぶ」。かいこさんのまゆ玉を使って、本物そっくりの「かいこさん」を作ります。
夏休みの学習と体験活動を通じた子育て支援事業 夏休み特別企画 2019おおや夏塾 開講!!
優勝チームには賞状と亘理町ゆるキャラ「わたりん」グッズをプレゼント
カヌーレース大会「海族カップ」開催!海で遊ぶことの楽しさ教えたい
動物キャラを使って、劇形式で水辺の安全を伝える
小さいうちから安全知識を学ばせたい 出向いて教える初のスタイル 水辺の安全出前教室
自転車の前後ブレーキ操作実技
楽しくマルチスポーツを  オリンピック競技トライアスロンに挑戦!チャレンジさくらえ2019
カヌー乗艇の自由時間。パドルを上手に使いこなす参加者
やったことない!水がこわい・・・そんな子たちでも大丈夫! 夏休みカヌー教室 PART1
キック指導中
価値あるすばらしいコーチング 「チャレンジ、あいさつ、笑顔を大事に」 シドニーオリンピック100m背泳ぎ銀メダリスト 中村真衣さん水泳教室