あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

“eスポーツ” 次世代型運動プログラムをゲームで代行 不思議な一体感
家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室


米原市山東B&G海洋センター(滋賀県)

 

ゲームを使用して運動しているところ

ゲームを使用して運動しているところ

 

ゲームの使用法について説明

ゲームの使用法について説明

 

2月26日(火)、27日(水)の午後2時から午後3時まで米原市山東B&G海洋センターの多目的室で、家庭用ゲームを使用した高齢者運動教室を開催しました。高齢者を対象とした次世代型運動プログラムの実施モニタリングのために開かれたもので、普段、海洋センターを利用している21人が参加。

 

近年、ゲーム機などを使った“eスポーツ”が盛んになってきていますが、家庭用ゲーム機を使用した次世代型の運動教室を開いたものです。これまでは対人で指導するものでしたが、運動する内容をゲームで行うことにより、教えるインストラクターが不在でも可能になってきます。人手不足、まして特殊な運動プログラムを家庭用ゲームで代行できる可能性のあるものと期待できます。

参加者は60歳から70歳の高齢者で、ゲーム自体したことがない方たちに集まっていただきました。イベントを行うにあたり、施設利用者へ参加を呼び掛けましたが、この世代のゲームに対するイメージは良くなかったため、参加にこぎつけるのに苦労しました。子供や孫の遊びといったイメージでしたが、いざ始まってみると細かい操作などはないことから、のめりこむようにゲームを行っていました。

 

教室終了後の茶話会

教室終了後の茶話会

 

自分の番でないときも、覚えるためにプレーに合わせ体を動かしていました。いざ自分のプレーになると、のめり込んでいくのが分かるほど、楽しげにプレーをしていました。最初はお試しの簡単なモードで行っていましたが、参加者一同でゲームをプレーするような、不思議な一体感が生まれるほど楽しく運動していました。

参加者に感想を聞くと、開始前のアンケートでゲームのイメージは悪いものでしたが、終了後にはイメージが大きく変わった方が多く、今後同じようなプログラムが開催されるなら、ぜひ参加したいとのことでした。

 

参加者で集合写真

参加者で集合写真

 

レポーターの髙橋良行さんは「イベントを検討したときは、ゲーム自体受け入れ難いため、参加者の集客は難しいのではないか」と考えていました。ところが「始まると皆さん子供のようにゲームを楽しみ、参加者一同の一体感が生まれ、実施して良かったと感じました。参加者はプール、体育館、各教室の施設利用者ですが、時間帯がばらばらで接点はなく、それが不思議と仲良くなっていました。近年稀にみるほどの大盛況のイベントでした」と振り返りました。

 

 

 

B&Gレポーター 米原市山東B&G海洋センター・髙橋 良行


あなたへのオススメ記事

けのびの完成。あとは息継ぎを覚えれば泳げます
いくつになっても泳ぎたい、「はじめてスイム」を毎週開催
「コロナにメン!ドウ!コテ!」各地の海洋センターで新春剣道教室開催
親子でハイハイの競争。運動不足だというお母さんは必死です
畳のうえで楽しく運動とルールを学ぶ 安芸高田市で「たたみほいくえん」開催中
「“ねばったなっとう いただきま~す”の『ね』」!「はいっ!」と元気な声が響きます
今年も新春恒例「宝探しとでっかいカルタ大会」を開催 会場では元気に走りまわる子どもたちの声が響きわたりました
「これで勝てば優勝!」と、アタックにも力が入ります
コロナ禍を吹き飛ばすくらいの白熱した名勝負が続々! 恒例の「親子バレーボール大会」が今年も開催
top
自然に触れ合いものづくり 南島原市で「秋・冬の自然体験『海ノート・山ノート』」開催