あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

ママさんバレーを生涯スポーツへ 9人制・男女混合も出場
第2回B&G財団会長杯争奪ファミリーバレーボール大会


岩見沢市栗沢B&G海洋センター(北海道)

 

優勝チームの記念撮影

優勝チームの記念撮影

 

試合中の様子の写真

 

 

普段テレビなどで目にする1チーム6人のバレーボールとは違い、9人で行います。基本的なルールは同じですが、大きな特徴は男女混合で出場できること。男性にはアタック、ブロック、ジャンプサーブ禁止というハンデがあり、大変バランスの良いルールのもとで行われました。2月24日(日)午前9時30分から午後3時まで岩見沢市栗沢B&G海洋センターで第2回B&G財団会長杯争奪ファミリーバレーボール大会が開かれ、7チームに役員チームが加わった8チームで対戦、応援など総勢145人が参加しました。来賓として岩見沢市栗沢B&G海洋センターを含む栗沢スポーツ公園の久保憲喜施設長が出席しました。

 

開会式で岩見沢ママさんバレーボール連盟会長があいさつ

開会式で岩見沢ママさんバレーボール連盟会長があいさつ

 

大会は、9人制ママさんバレーの普及、会員拡大、ママさんバレーを生涯スポーツとして発展させる基盤にするためです。海洋センターの体育館を利用しているママさんバレーボール連盟としても、冬期間のスポーツの奨励、海洋センターの利用促進、拡大につながります。会員拡大、生涯スポーツとしての確立へ双方にプラスとなっています。

大会は大変に盛り上がり、点が入ると歓声が沸き、勝敗の決まった瞬間には体育館外まで聞こえるほど響き、白熱した試合でした。

 

優勝チームに表彰状授与

優勝チームに表彰状授与

 

参加者は「みんなが笑顔で楽しかった」、「団体スポーツならではの一体感で盛り上がる」と感想を述べていました。レポーターの濱翔平さんは、ママさんバレーボールなのでそれなりの参加者と思っていたところ、20代30代で半数を占めるほどで驚いていました。後々「ママさんバレーの会員拡大のために若い世代を主にした大会を開いている」と聞いて納得しました。

 

 

 

B&Gレポーター 岩見沢市栗沢B&G海洋センター・永井 祥也


あなたへのオススメ記事

男鹿島よりスタート
オープンウォータースイミングの普及・発展と競技力向上図る ひめじ家島で大会開催
水中ウォーキング 説明を真剣に聞いています!ビート版で負荷UP!
高齢者も楽しみながら運動を!スポーツを通じて健康維持 「介護予防カレッジ」開催
集合写真、天候にも恵まれ色とりどりのカヌーが青空に映えました
緑豊かな新城市でカヌー体験 自然に親しむ親子ふれあい教室 親子カヌーツーリング
琵琶湖で各チームがドラゴンカヌーを操り競い合いました。
毎年恒例、大盛り上がりの人気イベント 2019ドラゴンカヌー大会
「郷土(ふるさと)に学ぶ」。かいこさんのまゆ玉を使って、本物そっくりの「かいこさん」を作ります。
夏休みの学習と体験活動を通じた子育て支援事業 夏休み特別企画 2019おおや夏塾 開講!!
優勝チームには賞状と亘理町ゆるキャラ「わたりん」グッズをプレゼント
カヌーレース大会「海族カップ」開催!海で遊ぶことの楽しさ教えたい