あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

“鬼さん、コチラ!”も、スポーツの時代?!スポーツ鬼ごっこ体験会


胎内市中条B&G海洋センター(新潟県)

 

ニュースポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の普及へ

ニュースポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の普及へ

 

子供の素朴な遊びの王道である“鬼ごっこ”に、運動の要素を取り入れ現代風にアレンジしたニュースポーツ、「スポーツ鬼ごっこ」の体験会が2月17日、新潟県胎内市の市総合体育館で開かれ、市内近隣から集まった親子連れ15人が参加、新感覚の鬼ごっこで爽やかな汗をかきました。

 

この体験会は、ニュースポーツの周知と普及を図ろうと同市のスポーツ推進委員が主催したもので、胎内市中条B&G海洋センターの職員らも指導役として協力しました。

 

ハードでルールも特殊。昔の鬼ごっこ感覚では通用しません

ハードでルールも特殊。昔の鬼ごっこ感覚では通用しません

 

スポーツ鬼ごっこは、チームに分かれて、“トレジャー”という名のお宝をゲットするワクワク感満載のゲーム。各チームともお宝を取られないよう、守りを固めながら攻めることが必要になるため、戦略面の要素も重要視される高度な鬼ごっこと言われています。

 

当日集まった参加者の大半は未就学児~小学校低学年。スタッフによるデモンストレーションを行いながらのルール説明からスタートしました。小さい子供たちが中心だったため、初めはルールを理解しづらかったようですが、やっているうちにだんだん分かってきて、最終的には、即席チームでのゲームが成立するほどになりました。

 

運動量も激しく特殊なルールであるため、中には飽きてしまう子供もいましたが、後半にはゲームでトレジャーをゲットし、笑顔でチームメートとハイタッチする姿が印象的でした。

 

最後は即席チームで大盛り上がり。

最後は即席チームで大盛り上がり。

 

競技終了後、子供たちは「疲れたけど楽しかった」、「トレジャーをゲットできて嬉しかった」と、笑顔満開で口々に話してくれました。楽しそうな我が子の顔を見て、親御さんも「良い運動になりました」と満足げな表情でした。

 

「当日自由参加のイベントということで、どれほどの人が集まるか不安でした」と語るのは、運営に携わったレポーターの諏訪宏樹さん。「参加人数は、それほど多くにはなりませんでしたが、参加してくださった皆さんがニュースポーツを楽しんでいて、盛り上がりも上々でした」と総括し、「今回の体験を通し、スポーツ鬼ごっこが胎内市に広く認知され、市民大会などが開催できるよう努めていきたい」考えです。

 

 

 

B&Gレポーター 胎内市中条B&G海洋センター・諏訪 広樹 


あなたへのオススメ記事

右から香美町香住B&G海洋センターの中村智彦さん、駒居庸民さん、利用者の安田茂さん、橋本和子さん
海洋センター職員らが人命救助!地元消防本部より感謝状を頂きました
日本の伝統行事とスポーツチャンバラがコラボレーション 毎年恒例の節分行事「節分に鬼退治」
有志団体「もちつき隊」を招いてのもちつき大会
宍粟市で恒例となった「もちつき大会」! さまざまな催し事で、大人も子どもも大盛り上がり
11人の目は目の前の2枚に…どっち?こっち?緊張で思わずみんな正座に
カルタに宝探し 周囲に目を走らせ、身を躍らせた新春の子ども達 宝探しとでっかいカルタ大会
キャップで作った「たこ焼き」を割りばしでひっくり返します。予想以上に手ごわい!
2019年末大感謝祭
チームで対戦中です
「フェンシングのまち」で、子供たちが手軽にフェンシングを疑似体験 戸田B&G海洋センターフェンシング体験塾