あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

運動不足解消!スノーシュー体験会


弘前市岩木B&G海洋センター(青森県)

 

 

参加者の写真

 

約2キロのウォーキングへ

約2キロのウォーキングへ

 

2月11日(月・祝)午前10時から正午まで青森県の弘前市岩木B&G海洋センターの多目的グラウンドで、スノーシュー体験会を開催しました。運動不足になりがちな冬期間のウォーキングとして注目されているスノーシュー。体験しながら、運動不足の解消と冬期間の屋外施設の利用促進を図るために、開かれました。参加者は弘前市と周辺市町村から大人13人で、このうち4人は昨年に引き続き、地元食品加工会社で技能実習中のミャンマー人でした。当初予定していた子供たちは、残念ながらインフルエンザの影響により、全員キャンセルでした。

 

スノーシューとポールの使い方を説明

スノーシューとポールの使い方を説明

 

 

スノーシューウォーキングは特別な技術も必要ないため、初心者でも安心して始められるウインタースポーツです。当日は早朝にやや強めの降雪があり、開催は危ぶまれましたが、幸い開始時間までには天候も回復し、時おり陽が差す時間帯もありました。

参加者は「初めてだったが大変楽しく体験できた」、「来年も開催されればぜひ参加したい」、「思った以上に汗をかいてビックリした」とコメントしました。レポートした岩渕俊さんは「参加者の半数以上はスノーシュー未経験者でしたが、経験者と未経験者に技術の差はほとんど見られず、改めて初心者でも安心してできるスポーツであることを再認識しました。またミャンマーの方々に参加いただいたことで、体験会が国際交流の場にもなったことは大変うれしい誤算でした」と述べました。

 

氷点下3度の寒さ、途中インターバルを入れながら約1時間歩いた

氷点下3度の寒さ、途中インターバルを入れながら約1時間歩いた

 

 

 

B&Gレポーター 弘前市岩木B&G海洋センター・岩渕 俊 


あなたへのオススメ記事

明和町B&G海洋センター プールカヌー体験会
プールでSUP&カヌー体験
栗沢B&G海洋センター水泳教室
レディース水中運動教室を開催
手づくりお面を手に鬼と一緒に記念写真
運動しながら親子で楽しく伝統行事「節分に鬼退治」 面つくり、スポーツチャンバラ、ピンポン球で“鬼を退治する節分イベント”を実施
安全教室の実技説明
ストーブをつけて「水辺の安全教室&SUP体験会」を開催