あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

駅伝日和の35キロ 住民の親睦、交通事故を撲滅、そして団結へ
第45回泗水町内一周駅伝大会


中継所/菊池市泗水B&G海洋センター(熊本県)

 

スタートした瞬間

スタートした瞬間

 

2月10日(日)午前8時から午後2時まで熊本県の菊池市泗水孔子公園がスタート、ゴールとなる9区間で約35キロ、第45回泗水町内一周駅伝大会が開かれました。コースは菊池市泗水B&G海洋センターが中継所となり、泗水町内から351人が参加しました。

 

この大会は「駅伝を通じて走者と応援が一体となり住民の親睦を図るとともに、多発する交通事故をわが市から出さないよう、住民の意識の向上と努力を求め、われわれの団結を深めよう」をテーマにしています。泗水町の観光地である孔子公園を発着として毎年行われています。来賓として菊池市長、菊池市議会議長、教育長が出席しました。

 

開会式で選手宣誓

開会式で選手宣誓

 

今年は昨年と比べるとチーム数が増え、21人多く集まりました。前日は雨が降り、当日の天気も危ぶまれましたが、天候に恵まれ駅伝日和となりました。昨年に比べチーム数が増えたためか、沿道からの応援が増えているように感じ、選手も走りやすい環境だったように感じられました。

 

毎年出場している選手に聞くと「今年は例年に比べチーム数が増え、一段と盛り上がっているように感じた。沿道からの応援も増え、走っていて力が沸いた。来年も参加したい」と力強いコメントがありました。レポートした森颯一朗さんは「参加者から、大会は記録を狙うチームが多く堅いイメージがある。熊本城マラソンのように仮装して走りたいという意見があった。私自身も参加者が増え泗水町が盛り上がるように、ユーモアを取り入れた大会も考察していきたい」と述べました。

 

表彰式

表彰式

 

 

B&Gレポーター 菊池市泗水B&G海洋センター・森 颯一朗 


あなたへのオススメ記事

右から香美町香住B&G海洋センターの中村智彦さん、駒居庸民さん、利用者の安田茂さん、橋本和子さん
海洋センター職員らが人命救助!地元消防本部より感謝状を頂きました
日本の伝統行事とスポーツチャンバラがコラボレーション 毎年恒例の節分行事「節分に鬼退治」
有志団体「もちつき隊」を招いてのもちつき大会
宍粟市で恒例となった「もちつき大会」! さまざまな催し事で、大人も子どもも大盛り上がり
11人の目は目の前の2枚に…どっち?こっち?緊張で思わずみんな正座に
カルタに宝探し 周囲に目を走らせ、身を躍らせた新春の子ども達 宝探しとでっかいカルタ大会
キャップで作った「たこ焼き」を割りばしでひっくり返します。予想以上に手ごわい!
2019年末大感謝祭
チームで対戦中です
「フェンシングのまち」で、子供たちが手軽にフェンシングを疑似体験 戸田B&G海洋センターフェンシング体験塾