あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

リニューアル式典後に開催 誰でも楽しめる新たな軽スポーツ!
ラダーゲッター大会


川辺町B&G海洋センター(岐阜県)

 

ラダーゲッター大会の様子01

 

町民の健康増進、気軽に参加できる軽スポーツを提供しようと2月10日(日)午前8時45分から正午まで岐阜県の川辺町B&G海洋センター体育館でラダーゲッターの大会が開かれました。参加者は48人でスタッフとしてスポーツ推進委員など35人が当たりました。この大会の開会式前には、施設の「リニューアルオープン式典」が行われ、B&G財団から古山透常務理事などが出席し、式典後の大会を観戦しました。

 

ラダーゲッター大会の様子02

 

 

ラダーゲッターは誰でも、楽しめる、新しいスポーツです。ロープでつないだゴムボールをはしごに引っ掛けて遊びます。一般的なルールは、はしごの上中下で点数は3点、2点、1点でどちらかが21点になるまで戦います。「投げて、引っ掛ける」という簡単なもの。

障がい者や高齢者でも気軽にできる軽スポーツです。あまり競技性が高いと、選手も真剣になって運営スタッフも大変であることから、笑いながら競技を楽しめるものを選びました。白熱するように川辺町独自のルールを作り工夫しました。当日は、競技に熱中する選手が続出し「やったー!」、「惜しい!」など声援がアリーナに響きました。

今までの軽スポーツは、高齢者や家族などの参加が少ない状況でしたが、今回はとても簡単で分かりやすいことから、老若男女問わず楽しめると感じました。

 

ラダーゲッター大会の様子03

 

参加者からも「事前に教室をやっていたので、何となく雰囲気は分かることができてよかった」、「実際にやってみると面白かった」、「3人でチームを作ってできたので、楽しかった」、「相手の球を落としたりもできるので熱中した」と好評でした。

レポートした高田茂さんは、10数年前までは冬の軽スポーツとして「キンボール大会」や「室内雪合戦大会」を行っていて、ここ2年間は、新たな軽スポーツを模索していました。そのうえで「今回は初めての試みで参加チームは少なかったが、会場の雰囲気から新たな軽スポーツとして定着できる予感がしました」と手ごたえを感じているようです。

 

 

B&Gレポーター 川辺町B&G海洋センター・高田 茂 


あなたへのオススメ記事

男鹿島よりスタート
オープンウォータースイミングの普及・発展と競技力向上図る ひめじ家島で大会開催
水中ウォーキング 説明を真剣に聞いています!ビート版で負荷UP!
高齢者も楽しみながら運動を!スポーツを通じて健康維持 「介護予防カレッジ」開催
集合写真、天候にも恵まれ色とりどりのカヌーが青空に映えました
緑豊かな新城市でカヌー体験 自然に親しむ親子ふれあい教室 親子カヌーツーリング
琵琶湖で各チームがドラゴンカヌーを操り競い合いました。
毎年恒例、大盛り上がりの人気イベント 2019ドラゴンカヌー大会
「郷土(ふるさと)に学ぶ」。かいこさんのまゆ玉を使って、本物そっくりの「かいこさん」を作ります。
夏休みの学習と体験活動を通じた子育て支援事業 夏休み特別企画 2019おおや夏塾 開講!!
優勝チームには賞状と亘理町ゆるキャラ「わたりん」グッズをプレゼント
カヌーレース大会「海族カップ」開催!海で遊ぶことの楽しさ教えたい