あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

リニューアル式典後に開催 誰でも楽しめる新たな軽スポーツ!
ラダーゲッター大会


川辺町B&G海洋センター(岐阜県)

 

ラダーゲッター大会の様子01

 

町民の健康増進、気軽に参加できる軽スポーツを提供しようと2月10日(日)午前8時45分から正午まで岐阜県の川辺町B&G海洋センター体育館でラダーゲッターの大会が開かれました。参加者は48人でスタッフとしてスポーツ推進委員など35人が当たりました。この大会の開会式前には、施設の「リニューアルオープン式典」が行われ、B&G財団から古山透常務理事などが出席し、式典後の大会を観戦しました。

 

ラダーゲッター大会の様子02

 

 

ラダーゲッターは誰でも、楽しめる、新しいスポーツです。ロープでつないだゴムボールをはしごに引っ掛けて遊びます。一般的なルールは、はしごの上中下で点数は3点、2点、1点でどちらかが21点になるまで戦います。「投げて、引っ掛ける」という簡単なもの。

障がい者や高齢者でも気軽にできる軽スポーツです。あまり競技性が高いと、選手も真剣になって運営スタッフも大変であることから、笑いながら競技を楽しめるものを選びました。白熱するように川辺町独自のルールを作り工夫しました。当日は、競技に熱中する選手が続出し「やったー!」、「惜しい!」など声援がアリーナに響きました。

今までの軽スポーツは、高齢者や家族などの参加が少ない状況でしたが、今回はとても簡単で分かりやすいことから、老若男女問わず楽しめると感じました。

 

ラダーゲッター大会の様子03

 

参加者からも「事前に教室をやっていたので、何となく雰囲気は分かることができてよかった」、「実際にやってみると面白かった」、「3人でチームを作ってできたので、楽しかった」、「相手の球を落としたりもできるので熱中した」と好評でした。

レポートした高田茂さんは、10数年前までは冬の軽スポーツとして「キンボール大会」や「室内雪合戦大会」を行っていて、ここ2年間は、新たな軽スポーツを模索していました。そのうえで「今回は初めての試みで参加チームは少なかったが、会場の雰囲気から新たな軽スポーツとして定着できる予感がしました」と手ごたえを感じているようです。

 

 

B&Gレポーター 川辺町B&G海洋センター・高田 茂 


あなたへのオススメ記事

練習を重ねるごとに上達して全員完走 松山市中島で「アクアスロン&マリンスポーツ体験教室」
豆腐のさいの目切りに挑戦中
日ごろ台所に立たない「オヤジ」が奮闘 安芸高田市で「オヤジの料理教室」開催中
家族の絆を再確認 南あわじ市で「親子海洋スポーツ教室」を開催
自粛生活下の子どもたちに心と体の健康増進を 「夏の体験教室2020」開催
ライフジャケットで「浮くこと」を実感 秋田県大仙市で「園児のための水辺の安全教室」
みんな気持ち良くカヌー・サップを体験しています
「泳いでいるだけでも楽しい」 子どもたちも久々の水遊びで笑顔に