あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

海洋センター(プール)すぐそば!長万部町営スキー場で雪とたわむれる!
2019冬のレクスポーツの祭典


長万部町B&G海洋センター(北海道)

 

 

手作りダンボールそり滑り「無事にゴールできるかな?」

手作りダンボールそり滑り「無事にゴールできるかな?」

 

人間ばんば=人がそりを引く、体重のバランスを考えないと…

人間ばんば=人がそりを引く、体重のバランスを考えないと…

 

子供から高齢者までを対象に、2月9日(土)午前9時から午前11時30分まで北海道山越郡の長万部町営スキー場で「2019冬のレクスポーツの祭典」が開かれました。天候は晴れで、長万部町内から50人が参加しました。冬のレクスポーツ活動推進と世代間交流促進を図るため、雪上レクの機会を提供しました。会場の長万部町営スキー場は、長万部町B&G海洋センター(プール)から歩いて1分の距離にあり、小学校のスキー学習授業でも使用されています。主催は長万部町教育委員会で、同社会教育係は6月から10月まで長万部町B&G海洋センターの運営にあたり、今回の行事も担当しています。

 

 

人間カーリング、体重の軽い子供は途中で止まることも

人間カーリング、体重の軽い子供は途中で止まることも

 

屋外なので、当然、行事の成否は天候に左右されます。昨年は「みぞれ」の悪天候で、びしょ濡れになりながら、何とか実施しました。財布の中の千円札も濡れて、「ヨレヨレ」になってしまうほどでした。今年は、昨年とは打って変わって、天候にも恵まれ、少し寒かったのですが、快晴の中で実施できました。

 

神奈川県出身の地域おこし協力隊員の松本さんは、初めて参加した感想をコメントしました。「予想以上に盛り上がり、すごく楽しかったです! このスキー場も初めてでしたが、地元にこういった場所があるのは『いいなぁ』と思います。私の地元では、人工の雪山ぐらいしかないからです。子供たちもはしゃいでいて、見ていて心が和みました。(笑)いくつになっても雪で遊ぶというのは、楽しいものだなと感じました」

 

人間ばんば(大人の部)と人間カーリングで見事1位となった地域おこし協力隊員の松本さん

人間ばんば(大人の部)と人間カーリングで見事1位となった地域おこし協力隊員の松本さん

 

レポートした工藤貴司さんは「今年は、参加者集めに苦慮しました。例年、『手作りダンボールそり滑り』に参加している静狩小学校の皆さんが、行事の重なりで不参加となり、今年は痛かったです。これからも、もっと多くの方が参加いただけるように、創意工夫していきたいと思います」と語っていました。

 

 

B&Gレポーター 長万部町B&G海洋センター・工藤 貴司 

(Visited 18 times, 1 visits today)

あなたへのオススメ記事

安全教室の実技説明
ストーブをつけて「水辺の安全教室&SUP体験会」を開催
好きな用具をご自由に
緊急事態宣言解除に合わせ「今日は一日 親子でスポーツの日」
毎週ノルディックウォーキングを楽しむ参加者は、2時間の活動でも疲れ知らず。
「秋のごみゼロウィーク」北海道岩見沢市で、ノルディックウォーキング愛好者によるウォーキングコースの清掃活動を実施
行こうよ 海洋センターへ! プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」 豊川市小坂井B&G海洋センター(愛知県)
プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」
3センター合同で プールから海にステップアップ、「親子カヌー・SUP体験会」を開催
さっそく乗艇!
1人ひとりに寄り添った指導「ジュニア水泳教室」