あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

長縄跳び楽しんで冬の運動不足解消へ!
第32回新春町民なわとび大会


舟形町B&G海洋センター(秋田県)

 

舟形町の森富広町長とゆるキャラ

舟形町の森富広町長とゆるキャラ

 

野球部の中学生

野球部の中学生

 

 

 

冬の運動不足の解消と健康づくり、参加者の相互交流を目指して1月20日(日)午前8時30分から正午まで、秋田県の舟形町B&G海洋センターで「第32回新春町民なわとび大会」が開かれました。今年で32回続く大会は、毎年幅広い年代で親しまれ、新春の一大イベントになっています。雪のなか、舟形町内から小学1年生から上は59歳の320人、23チームが参加しました。

 

大会は団体の部に小学生、中学生、一般男子、一般女子、一般混成があり、1チームは2人が縄回しで8人が跳ぶ10人。個人の部は小中学生男子、小中学生女子、一般男子、一般女子で、連続飛び最大10分間で決まらない場合は、二重跳び連続回数で決めます。

 

 

開会式

開会式

 

慎重に跳ぶ一般参加者

慎重に跳ぶ一般参加者

 

今年はJ2モンテディオ山形のキャラクター「ディーオ」や舟形町の「めがみちゃん」、新庄市の「かむてん」、真室川町の「うめ子ちゃん(ゆるキャラ)」が参加し、長縄で跳んでくれたりして、例年になく大会を盛り上げてくれました。大会は一般男子個人の部で、若い年代を押しのけ59歳の方が優勝するなど、皆さんが楽しんで参加していました。

 

小学生に聞くと「新記録を目指して練習してきたけど、飛べなくてくやしいです。でも抽選会、ゆるキャラやディーオが縄跳びで飛んでいたりして楽しかったです」と話していました。レポーターの浅沼勇さんは「年明けから寒波が来て積雪が一気に多くなり、除雪などで大変でした。大会当日も雪でしたが、皆さんが楽しく一生懸命跳んでいたのでよかったです」と寒い冬に参加者が楽しめたことを喜んでいました。

 

閉会式の後、集合写真

閉会式の後、集合写真

 

 

 

B&Gレポーター 舟形町B&G海洋センター・浅沼 勇 


あなたへのオススメ記事

手づくりお面を手に鬼と一緒に記念写真
運動しながら親子で楽しく伝統行事「節分に鬼退治」 面つくり、スポーツチャンバラ、ピンポン球で“鬼を退治する節分イベント”を実施
安全教室の実技説明
ストーブをつけて「水辺の安全教室&SUP体験会」を開催
好きな用具をご自由に
緊急事態宣言解除に合わせ「今日は一日 親子でスポーツの日」
毎週ノルディックウォーキングを楽しむ参加者は、2時間の活動でも疲れ知らず。
「秋のごみゼロウィーク」北海道岩見沢市で、ノルディックウォーキング愛好者によるウォーキングコースの清掃活動を実施
行こうよ 海洋センターへ! プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」 豊川市小坂井B&G海洋センター(愛知県)
プールでカヌーに挑戦!「夏休みカヌー教室」
3センター合同で プールから海にステップアップ、「親子カヌー・SUP体験会」を開催