あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

みんな笑顔でプレー「ゆるーく頑張って楽しんで」
第2回フレンドリーカップ・ビーチバレー大会


津奈木町B&G海洋センター(熊本県)

 

たくさんの笑顔を見ることができた

たくさんの笑顔を見ることができた

 

試合前、相手チームと握手

試合前、相手チームと握手

 

12月16日(日)午前9時15分から正午まで熊本県の津奈木町B&G海洋センター体育館で、第2回フレンドリーカップ・ビーチバレー大会が開催されました。スポーツを通して町民の健康推進と親睦融和を図るため開かれ、町内から成人男女約60人(10チーム)が参加して熱戦を繰り広げました。

 

この大会は順位を競うことを目的としないため、和気あいあいとプレーし、男女共に楽しみながら交流を深めました。開会式で主催者は「ゆるーく頑張って楽しんでください」とあいさつ。試合は7分の2セットマッチで行われ、A~Dコートに分かれて、それぞれのチームは4試合行いました。

 

練習の時から気合の入った掛け声や笑い声が飛び交っていて、とても楽しんでいる様子が伝わってきました。試合では、ダイビングレシーブでチームのピンチを救ったり、点数が入るとチームみんなでハイタッチするなどして、とても盛り上がりました。

 

閉会式では「ちょっとした抽選会」として、くじ引きにより1等から10等までの景品が全チームに贈られました。会場は終始笑顔で溢れていました。

 

バッチコーイ!!

バッチコーイ!!

 

参加者は「昨年から参加しています。今年もチームみんなでとても楽しくプレーすることができました」と感想を述べていました。レポートした西平嵩さんも「どのチームも気合たっぷりで、気迫溢れるプレーに圧倒されました。なにより参加者みんなが笑顔でプレーしていたことが特に印象に残りました」と述べました。

 

ボールに追いつけず大転倒

ボールに追いつけず大転倒

 

 

 

 

B&Gレポーター 津奈木町B&G海洋センター・西平 嵩


あなたへのオススメ記事

自転車の前後ブレーキ操作実技
楽しくマルチスポーツを  オリンピック競技トライアスロンに挑戦!チャレンジさくらえ2019
カヌー乗艇の自由時間。パドルを上手に使いこなす参加者
やったことない!水がこわい・・・そんな子たちでも大丈夫! 夏休みカヌー教室 PART1
キック指導中
価値あるすばらしいコーチング 「チャレンジ、あいさつ、笑顔を大事に」 シドニーオリンピック100m背泳ぎ銀メダリスト 中村真衣さん水泳教室
集合写真
「子供から大人まで」楽しんだ 最多の109人 リニューアルから3周年記念イベント プール利用のきっかけづくり
一番大切なのは基本姿勢のストリームライン
水泳の魅力を今よりも知ってほしい シドニーオリンピック100m背泳ぎ銀メダリスト 中村真衣さん水泳教室
大好評だった「宝さがしゲーム」。必死でアヒルを選ぶ子供
普段体験できない「きっかけ作り」 宝さがしやクリーン作戦も 海洋スポーツ普及大会