あんなところにも!こんなところにも? 行こうよ 海洋センターへ!

最後の種目だから競技者と応援、本物の盛り上がり「第12回山形地区綱引き大会」


平成30年度山形地区総合体育大会

久慈市山形B&G海洋センター

 

一般の部門の試合の様子

一般の部門の試合の様子

開会式あいさつ

開会式あいさつ

 

大会当日の朝は、前の晩からの冷え込みで外は霜で真っ白。11月25日(日)午前9時から正午まで岩手県の久慈市山形B&G海洋センターで、第12回山形地区綱引き大会を開催しました。

 

地元の小学生3校40人、一般の部10チーム118人の計158人が参加しました。久慈市山形町で33年に渡り続けられてきた「山形地区総合体育大会」は現在、綱引き競技のほかゲートボール競技など計5種目で行われています。その最終種目である恒例の「綱引き大会」であり、競技する人と応援する人の双方ともに力がこもって、毎年とても盛り上がります。

 

優勝地区チームの皆さん

優勝地区チームの皆さん

 

地区民の健康・体力づくりを推進するとともに、連帯感の高揚を図り、地域における生涯スポーツの振興のために行われています。大会当日は、参加者のほかに応援する方々も多く来場、大会はとても盛り上がっていました。参加した一般男性(48歳)は「毎年恒例の綱引き大会に今年も参加しました。今年私の地域は一般の部門に2チームエントリーしましたが、残念ながら決勝トーナメントに進出することはできませんでした。来年こそはトーナメントに進み1勝することが目標ですね」と、静かに闘志を燃やしていました。

 

小学生の部門の試合の様子

小学生の部門の試合の様子

 

レポーターの角悦晶さんも、綱引き大会は小学生・一般の部門ともに力のこもった熱戦が多く展開され、また来年の大会が楽しみですと述べていました。

 

B&Gレポーター 久慈市山形B&G海洋センター・角 悦晶

 


あなたへのオススメ記事

明和町B&G海洋センター プールカヌー体験会
プールでSUP&カヌー体験
栗沢B&G海洋センター水泳教室
レディース水中運動教室を開催
手づくりお面を手に鬼と一緒に記念写真
運動しながら親子で楽しく伝統行事「節分に鬼退治」 面つくり、スポーツチャンバラ、ピンポン球で“鬼を退治する節分イベント”を実施
安全教室の実技説明
ストーブをつけて「水辺の安全教室&SUP体験会」を開催